2009年11月23日

今日のチェケテレビ

NHKで『プロフェッショナル仕事の流儀』井上雄彦さんの回が午前中に再放送しますよ。
NHK総合で、AM10時5分から60分。

リハビリの回も勉強になった。
これは深夜日付が変わった頃に再放送。


あと夜10時から立花隆さんの、自身のがん体験のドキュメントもやる。
これも見たいと思っとります。


今日はこれから洗濯すっぞ。

該当回のリンクです。
第126回 2009年9月15日放送
『闘いの螺旋(らせん)、いまだ終わらず』
http://www.nhk.or.jp/professional/2009/0915/index.html

<すみきちのぶっちゃけ道ブログ | 漫画家 井上雄彦さん>
http://www.nhk.or.jp/professional/professional-blog/100/26407.html


posted by さとつん at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・ラジオ | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

パキシルの注意いろいろ

晴れ
(2012.10 追記・加筆)
どうもこんにちは。
最近目の疲れが激しかったのでパソコンひかえてました。
2日程ですが。

あ~でも眼精疲労すげぇ、視力落ちてるっぽいし。
先週くらいから急になんだよな。
なんだろう?エロサイト見すぎたかな。いや、それはいつものことだし。
集中力が違ったか?ってどんだけガン見してるんだよ!瞳孔開きすぎぃ!


それはさておき、パキシルで気になるニュースが2つあった。
一つはツイッターにもちょこっと書いた、「妊婦の方には良くない」という話。
10月21日のasahi.comより。

以下引用。
妊婦が服用した場合、新生児の心臓に穴が開いたり、肺高血圧症になったりする割合が、同じような作用の抗うつ薬より高いという海外の疫学データがある。同日、記者会見した同団体の水口真寿美弁護士は、「依存性や(薬をやめた時に症状が悪化するなどの)離脱症状がある。このため、妊娠に気づいてもすぐにはやめられない。妊娠適齢期の人には原則投与しないか、投与する場合はリスクの説明を十分するよう、もっと注意喚起すべきだ」としている。
確かにパキシルは離脱症状がきついと思う。女性はこの辺考えて薬選ばないといけないですね。効く薬なんだけど難しいな。

こちらが配信元。
<抗うつ剤パキシル錠の妊婦への使用に関する要望書提出 2009-10-21>
http://www.yakugai.gr.jp/topics/topic.php?id=661

<薬害オンブズパースン会議>
http://www.yakugai.gr.jp/

もう一つは18歳以下の子どもにパキシルの治験を行うだか、行ってるだかという話(11月16日付けの新聞で見かけたので、ネットにはまだ記事が無かった)。
「成長期の子どもは精神的にも不安定なものなのですぐに薬というのはどうだろうか」みたいな内容だったと思う。
こちらも薬害オンブズパースン会議に関連記事があるのかな?ちょっと見つからなかったけど。

僕もどうしようかとまたまた考えてしまったな。何回目だか・・・。
良からず悪からずな具合、ってか徐々に悪くなってるかな。
不安感は大分とれてるんだけど、鬱の方がな・・・。

前にジェイゾロフトに移行しようとした時はパキシルの離脱症状(だと思われる)が酷かった。
一気にゼロにしたのがいけなかったのだろうな。
だって医者が大丈夫だって言うしさー。

それでも気が向いたらもう一回挑戦してみたいと思ってる今日この頃です。
ラベル:
posted by さとつん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・医学・健康 | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

新型インフル情報

曇り
寒い1日だった。
そろそろ掛け布団もう1枚必要ッス。


新型インフルが流行ってるそうですが、僕の周りではあんまり実感無い感じ。
普段移動は車だし、公共交通ほぼ使わないし新聞屋だしで、あんまり人と密接に接する機会が無いというのも理由なのかなと。

それから主な感染者は10代までが圧倒的に多いようです。
免疫とかの問題なんだろうか?
学校だから?

それにしては感染した子の親にも流行ってもいいようなもんだけど、それ程でもない模様。
よく分からんです。


インフルについて気になる記事を見たので書いておきます。

『解熱剤は危険らしいという話』
多分新型インフルに限ったことでは無いと思いますが。
「アスピリン」「ボルタレン」「ポンタール」この3つは家にあったとしても使ってはいけないそうです。
ちなみにこれは薬の成分の名称なので、例えばアスピリンが含まれる「バファリン」など、市販薬にも注意です。

うろ覚えだけど、小児科学会だったかな?は「アセトアミノフェン」という解熱剤を推奨してるそうです。
薬を使う時は基本的に医者に相談した方が良さそうです。

・開業医の方のサイトらしいんですが詳しく書いてあります。
<インフルエンザについての医学的情報>

・こっちは幼稚園と保育園関係のブログ。
<新型インフルエンザ情報>


『医者に行った方がいいと思われる症状など』
以下引用です。
また、もともと健康な方でも、次のような症状を認めるときは、すぐに医療機関を受診してください。

小児
・呼吸が速い、息苦しそうにしている
・顔色が悪い(土気色、青白いなど)
・嘔吐や下痢がつづいている
・落着きがない、遊ばない、反応が鈍い
・症状が長引いていて悪化してきた

大人
・呼吸困難または息切れがある
・胸の痛みがつづいている
・嘔吐や下痢がつづいている
・3日以上、発熱が続いている
・症状が長引いていて悪化してきた
厚生労働省サイトより

それと新型インフルは、肺炎、心筋炎なども起こしやすいそうなので、基礎疾患がある人はその辺も注意です。
「肺炎球菌ワクチン」というのを使った方がいいという記事もどこかで見ました。
高齢者や喘息などの持病がある人は一応頭に入れておいた方がいいかと思います。


とりあえず今のところこんな感じだと思います。
それでは皆様インフルにマジ気をつけて、後楽園遊園地で僕と握手!
posted by さとつん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・医学・健康 | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

今夜のガッテン

きょんにちは~。
今から寝ようと思ってる、すっとこどっこいです。

えー、今夜のガッテンは「疲労の正体」です。

新発見の物質が疲労の正体だとかラテ欄にはありますね。

これって最近発表されてた「慢性疲労症候郡は何らかのウイルスが原因じゃね?」説と関係ある内容だったりして、とか勝手に思った次第です。

なんか僕にも関係あるかもしんないので録画します。そして僕は寝ます。
感想は追って書きたいと思っています。


PS.鬼束ちひろのアルバム出たらしい。要チェケラじゃ!
posted by さとつん at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルな日常 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。