2011年09月28日

福島原発と東電と放射能(追記あり)

晴れ
だんだんと空気が冷たくなってきました。朝晩は寒いくらい。季節はちゃんと移っていますね。
薄着の季節をもう少し楽しみたかったと、大分悔いが残ってますが。(>_<)

直近で東電、福島第一原発がかなり気になってます。
理由は、また水素爆発が起こる可能性があるかもしれないから。

どこかの配管だかに水素がパンパンに充満してるらしい。詳しくはニュースサイト見てください。あとでリンク貼っときます。多分。

<配管は水素で充満 福島第1原発1号機 : 47トピックス - 2011/09/24>
http://www.47news.jp/47topics/e/220352.php

以下引用。
東京電力は24日、配管内がほぼ水素で満たされているとの調査結果を発表した。ただ着火源となるものがないため爆発の危険性は極めて低いとしている

東電はこう言ってるんだけど、配管をカットする作業などしてる為、火花が飛び散って引火する危険はある。静電気も怖い。

配管内の水素についての続報。9月28日。
<1号機配管の水素濃度は63% 「酸素なく爆発の危険ない」 - MSN産経ニュース 2011.9.28>
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110928/dst11092819520028-n1.htm

以下引用。
同配管を切断する作業の前に配管内を検査したところ見つかった

マジで危なかったかもしれない…。

それについて元東芝の技術者の後藤さんが、ユーストリームで解説されてるらしいです。あとでリンク貼っときます。多分。

水素についての話は最初の15分くらいです。
原発事故についてよく知らない方は、分かりやすいので是非ご覧ください。
<Ustream.tv: ユーザー CNIC_JAPAN: 2011/9/23 後藤政志氏による『日本とアジアの将来を憂う-野田首相の原発・国連演説について』>
http://www.ustream.tv/recorded/17451207

水素爆発と言えば3月の2度の爆発が思い出されます。
あの爆発で大量の放射能がばらまかれ、福島を中心に東日本が広く汚染されてしまいました。関東も例外なく。

僕、あの時は働いてたんで、どれくらいかは分からないけど、ほぼ確実に被曝してんだよね。
しかも雨の中も仕事してたし。時期的にも濃厚だったに違いない。

政府と保安員は、その飛散予測を随分と後で出してきたよね。どこが「SPEEDI」だよ!ってベタなツッコミもしたくなるわ。

あれは誰が隠してたのかね。政府?保安員? 東電も絡んでた臭いんだけどな。
その事一つとっても誰も責任とってないよね。それを追及しないマスコミも何やってんの?
特にNHKは公共放送としての使命・役目があるんじゃないか?

あれだけの事故起こした東電が何で未だに営業してんの?
うちらの電気料金で東電が成り立っているのが、これまた腹立つ。

いい加減、電気選ばせろ。そんで東電は解体。JALみたいに破綻処理してください。

そんで原発反対!
地熱とか、藻とか使う発電もあるんだぜ。
藻の方は実用まで、あと数年掛かるらしいけど。

とにかく、これ以上放射能を撒き散らすなと。低線量の放射線が、危険か安全かはっきりしないなら可能な限り避けるべき。

妹にこういう話したら、TELの向こうで鼻ほじりながら「うーん」て聞き流されてるのが見えた。(-.-;)
甥っ子達のことも心配なんだよー。なるべく危険は避けてくれ。

【関連記事】
福島原発からの放射能の地表・海洋の拡散シミュレーション
福島原発から放出された放射性セシウムは原爆168個分
放射能関連のサイトのリンク
また食品と放射能の話
放射能入り食材出まわりますね
posted by さとつん at 05:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 震災・原発・放射能 | 更新情報をチェックする

2011年09月21日

最近の生活

雨
こんばんは。毎度おなじみのボンクラです。

最近は、特に何をするでもなく一日が過ぎていくというおじい的な隠居生活に浸っております。

ダメだなあと分かっちゃいるけど、悲しいかな体がついてこない。

体を動かすとリズムがとれてくるというのも分かっちゃいるけど、なんせ元々がだらだらしている生き物なもんで…。

それでも病む前は人並みに生きてたんだけどな。肉体労働一筋だったし。
病の負のパワーはパネェと改めて思った。


台風来てます。今、うちでも雨が降ってます。
奈良、和歌山の水害は大丈夫でしょうか。台風の影響が心配ですね。
ラベル:うつ
posted by さとつん at 03:50| Comment(2) | TrackBack(0) | メンタルな日常 | 更新情報をチェックする

2011年09月13日

障害者手帳ゲトー

病院行ってから役所行って、障害者手帳受け取ってきた。精神の3級。

初めてでメリットがよく分からんのだけど、まあ経験ということで。

しかし、役所の人いわく、あんまり取得する人いないとのこと。障害者ってことで周りの見方が変わるからだろうね。精神だからなおのこと。

とりあえず、今は無職であまり他人の目を気にしないで生活できるので、深く考えないでいられる。
先のことは、更新のときにまた考えまっしょい。

さあ寝るべ!かなりの熱帯夜だけど(;´・`)
そして満月が綺麗!!

【関連記事】
自立支援のが切れてるぅー!
自立支援法改正案だって
自立支援の更新完了!
ツイートのまとめ その3
病院行と障害者手帳とお薬手帳
posted by さとつん at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | メンタルな日常 | 更新情報をチェックする

2011年09月09日

血液検査で鬱診断 その2

晴れ
秋に近づいていくのが、日に日に強まっていくのを感じる今日この頃。
昨日、今日はほとんど寝て過ごした。疲れがハンパネェー!
病院に行かなくちゃ。

ちょっと前に、血液検査で鬱が診断できる手法を発見したというニュースがあったので掲載。
<うつ病を血液で診断 広島大、客観指標を発見 - 47NEWS>
http://www.47news.jp/CN/201108/CN2011083001001139.html

以下引用。
採血することで、うつ病を客観的に診断できる有力な新指標を発見したと広島大大学院医歯薬学総合研究科の山脇成人教授や森信繁准教授のグループが30日、発表した。成果は米科学誌プロスワン電子版に掲載された。

 神経細胞を成長させるタンパク質の一つ、脳由来神経栄養因子(BDNF)の遺伝子に起きる「メチル化」という化学反応の程度を調べる手法としては世界で初めてとしている。

違う技術なら何度かニュースになっていて、ここでも書いたことあるんだけど、今回の技術はかなり実用的なモノなのかな?

研究もいいけど早く実用化をしてくれ。

あと、薬の効果の個人差のデータを集めるなどして、予め効く薬を処方できるようにしてほしい。まあ、遺伝子研究の問題とか、個人情報の問題とかありそう。
だけど、薬をあれこれ処方されて、ほげほげ状態が長く続くようなデメリットから解放されるのであれば、そういう方法もアリだと思う。

【関連記事】
血液で鬱診断と、脳に疲労感生む物質と
光トポグラフィーで鬱診断
風呂入ると脳汁が出るとか出ないとか
鬱と疲労
鬱とビタミン剤
posted by さとつん at 02:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 医療・医学・健康 | 更新情報をチェックする

2011年09月05日

2011年6月と7月に観た映画

曇り雨
台風が来てて、西日本の被害が大変だというニュースが流れていた。東京でもここ2~3日雨風強く、今日あたりにやっとおさまってきたというような状況。
被害が少ないといいんだけどね。


いつもの映画のまとめです。
6月は数こなして7月は少なめ。

6月の鑑賞メーター
観たビデオの数:11本
観た鑑賞時間:1212分

アイ,ロボット 通常版 [DVD]アイ,ロボット 通常版 [DVD]
観たのは3~4回目。近未来を感じさせてくれてワクワクする。アクションもCGも見応えあり。シャイアラブーフが出演してる事に今回初めて気づいた。f^_^;)
鑑賞日:06月25日 監督:アレックス・プロヤス

マトリックス 特別版 [DVD]マトリックス 特別版 [DVD]
TVにて鑑賞。観たのは何度目か?何回か観てるハズだけど今回やっと理解できた事とかまだあった!いかに普段ボーっと観てるかってこったな。1999年の作品でPS2と同時にDVD買ったのを覚えている。この作品がDVDの牽引役になったんだよね。10年以上前の作品だけど今観ても古臭さを感じないのは凄い映画って事じゃないかな。つらい現実か楽しく平凡な仮想世界か、どちらが幸せなのか考えさせられる。
鑑賞日:06月25日 監督:Array,ラリー・ウォシャウスキー

イーグル・アイ スペシャル・エディション (2枚組) [DVD]イーグル・アイ スペシャル・エディション (2枚組) [DVD]
シャイアラブーフが出てる映画は外さないというデータが脳内でかなり固まってまいりました。この映画もワクワクドキドキのアクションを存分に楽しめます。オチがTV放送日の近かった「アイロボット」とかぶるのはご愛嬌。
鑑賞日:06月18日 監督:D.J.カルーソ

ヴァーチャル・ウォーズ [DVD]ヴァーチャル・ウォーズ [DVD]
昔あった同名の映画とは全く違う代物。手を出さないが吉。
鑑賞日:06月17日 監督:クリス・ハートウィル

ナイト&デイ (エキサイティング・バージョン)ブルーレイ&DVDセット(初回生産限定) [Blu-ray]ナイト&デイ (エキサイティング・バージョン)ブルーレイ&DVDセット(初回生産限定) [Blu-ray]
トムクルーズがスーパーマン的な強さを発揮する諜報員役を演じている。やたら眠らされるキャメロンディアス。そういうお約束的な展開嫌いじゃない(笑)。コメディタッチのアクションとして面白くできてます。
鑑賞日:06月12日 監督:ジェームズ・マンゴールド

トロン:レガシー DVD+ブルーレイ・セット [Blu-ray]トロン:レガシー DVD+ブルーレイ・セット [Blu-ray]
大好き系!前作は観てないがそれでも十分ワクワクさせてくれた。ただコンピューターの世界に入るという突飛な設定について行けるか否かで面白度が変わってくると思う。SF好きな人には迷わずおススメの一品。
鑑賞日:06月09日 監督:ジョセフ・コジンスキー

正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 [DVD]正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 [DVD]
映画のテーマは移民問題。幾つかの物語りが時に交わりながら同時進行していく。法を守ることが必ずしも正義とは言えないのではないか?という疑問を観てる側にも訴えかけてくる。考えさせられる映画。
鑑賞日:06月07日 監督:ウェイン・クレイマー

パンドラム [DVD]パンドラム [DVD]
ラストの方で唯一盛り上がった。よほど興味ある人以外は手を出さないのが賢明かと。
鑑賞日:06月04日 監督:クリスティアン・アルヴァルト

ジェニファーズ・ボディ (完全版) [DVD]ジェニファーズ・ボディ (完全版) [DVD]
予告を観た感じではちょっとコメディタッチなのかと思いきや(勘違い?)全編シリアスに展開してます。悪魔とかそういう系の学園ものホラーです。一応はっきりしたラストなんだけど、被害者だらけでスッキリせずな印象。ニーディ役のアマンダ・セイフライドが可愛かった。
鑑賞日:06月03日 監督:カリン・クサマ

[リミット] コレクターズ・エディション [DVD][リミット] コレクターズ・エディション [DVD]
棺に閉じ込められた男が目を覚ますところから物語が始まる。話が進むにつれ少しずつ閉じ込められた理由などが分かってくるといった感じの映画。あまり予算は掛かって無さそうだけどそれなりに緊張感とかあっていい。ただちょっと長ったらしい感は否めない。余談として主人公が「不安障害」だというシーンにちょっと親近感。
鑑賞日:06月02日 監督:ロドリゴ・コルテス

戦場でワルツを 完全版 [DVD]戦場でワルツを 完全版 [DVD]
ジャケ写を見てポップなアニメを想像してるなら観てはいけない。それ程強烈な映像が含まれている。内容は戦争を題材にしたもので実写をアニメにおこした様な手法で創られている。アニメ調ドキュメントという感じ。ラストには実際の映像が使われているので弱い人は強烈に注意。
鑑賞日:06月01日 監督:アリ・フォルマン


続いて7月に観た映画。

7月の鑑賞メーター
観たビデオの数:3本
観た鑑賞時間:358分

トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
TVにて鑑賞。当然だけど若干カットされていた。ラストに敵の戦闘機型ロボが逃げ帰るシーンはカットしない方が次回作により期待が高まって良かったのではないかと。初めて観る人には敵味方の区別がつきづらいのが難点。しかし基本とことん面白い!
鑑賞日:07月24日 監督:

運命のボタン [DVD]運命のボタン [DVD]
最後まで謎の映画。SF、宇宙人モノっぽいです。ハッキリしないままストーリーは続きます。そのままラストへ・・・。観終わった後あれこれ考えを巡らしても解決しませんでした。完成度が低いとしか言えないかと。それか僕の理解力が無いかどっちかでしょう(笑)。ボンヤリと謎のままが好きな方ごめんなさい。
鑑賞日:07月12日 監督:リチャード・ケリー

WILD HOGS/団塊ボーイズ [DVD]WILD HOGS/団塊ボーイズ [DVD]
NHKBSにて鑑賞。観たかった映画だったのでラッキー。人生に疑問を抱いて旅に出て色々騒動が巻き起こる的な話。出演者が個性的でいいです。コメディー的な作りなんだけど芯には人生感があるようなないようなで。多分ある。笑ってちょっと考えさせられたりもして、人生に疲れてる人にはうってつけの映画かと。レイリオッタとかM・C・ゲイニーとかナイスな役者さん達が脇をガッチリ固めています。
鑑賞日:07月08日 監督:ウォルト・ベッカー


TVでの再放送モノは粒ぞろいのラインナップだったかと。
その他に観た映画はどれもかなり面白かった。中でも良かったのは『トロン:レガシー』。1980年代に創られた前作から20数年経っての続編。何気に前作は観てなくて、うっすら内容は知ってるというレベル。それでもかなり面白いと感じた。音楽もエレクトリカルでコンピューターサウンド的な雰囲気をかもし出していてゾックゾクした。
SF好きな人にはかなりおススメ。

『戦場でワルツを』は歴史を知りたい人にはいいかもしれない。ただ、ラストに実際の強烈な映像がちょこっと出てくるので気をつけて下さい。

逆にあまりおススメしない映画は『ヴァーチャル・ウォーズ』『運命のボタン』
『ヴァーチャル・ウォーズ』はジャンルが好きという人なら観てもいいかなあ。『運命のボタン』は不出来なので他に観るモノが無いという人以外は避けた方が無難です。

【関連記事】
『スターシップトゥルーパーズ3』
ニコラスケイジの『NEXT』
『紀元前一万年』&『アメリカン・ギャングスター』
『自虐の詩』鑑賞
999&ルパン
posted by さとつん at 00:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | 更新情報をチェックする

2011年09月01日

無職生活3ヶ月

曇り
台風接近中らしいです。2~3日は注意ですね。

8月も終わり。働かなくなってから3ヶ月調度。
この前の診察の時に「辞めて後悔してる?」って聞かれたんだけど、全く後悔はしてない。
だって続けてたって続かなかったと思うし(ややこしいな)。疲れがほぼ限界だったし。

こんなご時世に辞めて次の仕事見つかるの?とか考えたけど、結局、次に向かう気力が無かったんだな。だから仕方なかったというか調度良かったんじゃないかって思ってる。

そして今、3ヶ月休んで回復もしてないんだけど…。まあ仕方ない。ドンマイ俺。

昨日は久しぶりぶりに、掃除機を使って掃除をするという大仕事をこなしたので、精神的満足度がかなり大きかった。
ただ、物が多いので処分するというミッションは相変わらず進展していない。牛歩。

ちょこちょこでもいいから色々進展しますように。なーむー。
ラベル: うつ 仕事 人生
posted by さとつん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メンタルな日常 | 更新情報をチェックする