2014年10月13日

減薬の結果 熱感とむずむず足

曇り
超絶久方ぶりにこんにちは。
特段変わったことも無く暮らしてました。

前回、薬を減らしてたと、ちょっと書きました。
具体的に、パキシルを10ミリに、ソラナックスを1日1回にという具合。
それを1ヶ月弱続けてました。
特に無理してたわけじゃなくて、1日1日延長してたら結果的に続いてたという感じ。

今はちょっと戻して、パキシル10ミリと20ミリを交互という感じにしました。ソラナックスは1日1回を継続中。
戻した理由としては、体にときどき起こった「熱感」と、「足がむずむず」して気持ち悪いという2つが主な理由。

この症状が、薬のせいか、カフェインのせいか(経験則です)、まだちょっと判断できない感じですが。それとも他の要因かも。

足むずむずは、寝るときに起こる感じでリラックスできない。コーヒー、お茶を飲んだ晩に多く起こってた気がします。

「むずむず脚症候群」という病気もありますね。
関係あるかは謎です。

他にも体調不良がいろいろあるんですが、加齢の影響出てくるお年頃なんで、仕方ない部分もあるのかなと思いつつ、病院行ってみようとも思ってます。


ラベル:
posted by さとつん at 13:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 思考・体調・薬 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。