2008年06月25日

雨をいつから嫌だと思うように・・・

曇り
08/06/25
ここんとこ雨ばっかりだ。
梅雨だから仕方ないんだけど。

そう言えば、いつ頃から雨を嫌だと思うようになったんだろ?なんてこと考えてた。

子どもの頃はバッシャバッシャ水たまりに突っ込んで行ってたな~。
道路が川のようになってたら、大喜びでそこに入って行ってたし。
側溝の水たまりをジャブジャブ歩いたりもした。
当然長靴の中も池。わーい(嬉しい顔)

小学校高学年になったらそんなこともしなくなったかな。
その辺が一つの境界線なのか。

と言っても、特別雨の日が嫌だと思い始めた訳じゃない(気がする)。

「あ、今日は雨か」程度だったと思う。
学生時代はそんなだったと思うなぁ。

仕事始めて、外で働くようになってからかな?
荷物が濡れないように、ホロ張ったり、ビニールしたり、そう言う面倒臭い作業が「雨嫌だ」に繋がってる気がする。


初めて傘や長靴、レインコートを買ってもらった時、雨が待ち通しかった筈なんだよね。もう忘れてしまったけど。
雨の日に傘を差して楽しそうにしてる子どもを見かけると、「あぁ僕もそうだったのかなぁ」なんて、ふと思う。

布団の中でダラダラしながら、そんなこと考えてた1日。


ラベル:気象
posted by さとつん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔の話 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。