2010年03月11日

光トポグラフィーで鬱診断

晴れ
昨日NHKの7時のニュース内でやっていた「光トポグラフィーでうつ病を発見する」という番組の感想なんぞを。

「光トポグラフィー」ってのは頭にぐるっと巻いて外から脳の血流が測れる装置です。我ながら下手くそな説明だこと。

そんな訳で分かりやすいサイト見つけました。
<医学書院/週刊医学界新聞(第2867号 2010年02月15日)>
http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA02867_02

10/03/11
同サイトよりの引用画像。

ニュースでもほぼ同じような画像が使われたました。
上と下は時間の経過による違いを示したもので、見るべきは下の画像。
頭を前から写した状態です。前頭葉と呼ばれる部分でおでこの辺り。
血流が少ないという違いが出てますね。

ニュースでは東大病院で入院検査治療を行っているとのことだった。
検査費用は色々やって7万円。
<【東大病院】うつ診断で新プログラム開始 薬事日報ウェブサイト>
http://www.yakuji.co.jp/entry18395.html

光トポグラフィーの検査だけなら機器のある病院で、13,300円+αでできるようです。
こことか。
<NCNP 国立精神・神経センター 病院>

これは一度やってみたいなあ。


posted by さとつん at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 医療・医学・健康 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
血流が解っても 肝心のセロトニン・ノルアドレナリン・ドーパミンの量が見えないのでは?
薬を飲んでると正常になっているんかな??
謎だらけや・・・
Posted by ナシゴレンちぃ at 2010年03月14日 01:48
薬飲むと血流UPしてるってことじゃないのかね。多分。
謎は謎のままがいいこともあるのだよ。( ̄ー ̄)ニヤリッ
今んとこ実費ってのが痛い!
Posted by ジャンバラヤさとちん at 2010年03月14日 12:47
さとちんイエーイ。
光トポ、鬱だけじゃなく、私の罹ってる躁鬱なんかも診断できる様子。
それならそうと、もっと早く開発してくれてたら、こんなメチャメチャな人生にならずに済んだのにって、かなり残念。
SSRIでセロトニンを増やすと、アドレナリンが出にくくなって、結果意欲が低下するって以前NHKで見たなぁ。
どうすりゃいいんだよ!って感じ。
Posted by れあれあ at 2010年03月15日 04:33
れあれあちゃんこんちゃーo( ´_ゝ`)ノ ヤァ
そうね、トポで躁鬱も分かるみたいだね。医療技術も日進月歩だからしゃあないところでもあるんだけどね~。
SSRIと脳内物質の件は僕もどこかで見た記憶が。なんかバランスが重要みたいなことを言ってたような。でもトレドミンは合わない俺さ。(〃´o`)=3 フゥ
Posted by ベースケさとちん at 2010年03月15日 08:33
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。