2010年04月26日

『崖の上のポニョ』観たぞい

晴れ
晴れたので洗濯。

遅ればせながら『ポニョ』を観た。
可愛い~。表情豊か。子どもをよく観察してるわ。

物語りとしてはちょっと消化不良で終わってしまった感もあるんだけど、随所に見られる動きや表現はやっぱり宮崎駿ならでは。

水に沈んだ街って非日常的でなおかつ変な憧れがあって、昔から夢に出てくるほど好きだわ。
そんな訳で、最後までワクワクしつつ楽しく観られた。

そうそう、忘れそうになったけどジブリ作品って昔ながらの手法=アナログに戻したんだよね。
デジタルを取り入れたのが『もののけ姫』からで、アナログに戻したのはいつだったんだろう?
それでも『ポニョ』はアナログ手作業で描いてるはず。
そういう細かい部分も改めてじっくり見ると面白いかも。


posted by さとつん at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ポニョは劇場で観ました。
あれはCG使わず、全部手書きらしいですよね。
CGを使ったクールな映像もいいけど、アナログな質感のアニメもいいものです。
最近は全部CGだから、若い人には違和感か驚きがあるかもしれないですねw
Posted by 背骨 at 2010年04月27日 23:02
背骨さんやりますね。劇場で鑑賞してるとは。
やっぱポニョってアナログですよね。うろ覚えで書いてました!
セル画に筆で色つけるって感じなんでしょうね。やっぱ。
でも十分キレイな画像でしたね。
僕もCGものも好きですよ。
Posted by さとちん at 2010年04月28日 06:32
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。