2010年09月02日

6月,7月に観た映画

晴れ
かなり遅いけど6月と7月に観た映画のまとめをば。

先ず7月です。

7月の鑑賞メーター
観た本数:4本
観た時間:390分

ファイナル・デッドサーキット スタンダード・エディション [DVD]ファイナル・デッドサーキット スタンダード・エディション [DVD]
シリーズ4作目。割と大人し目。死に方もそんなに痛グロくもなく。2,3作は相当痛かった・・・。
鑑賞日:07月31日 監督:デヴィッド・R・エリス

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.【通常版:生コマフィルム無し】 [DVD]ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.【通常版:生コマフィルム無し】 [DVD]
基本は今までのヱヴァ。が、ところどころ設定が変わってる。パラレルワールドのひとつ的な作品なのかな?テレビ版の最終回だったか、やたら明るいレイが出てくるシーンがあった。あれを踏襲してるのかなと。あれこれ考えるとおもしろい。
鑑賞日:07月30日 監督:

燃えよドラゴン 特別版 [DVD]燃えよドラゴン 特別版 [DVD]
テレビにて鑑賞。キッチリ全部観たの初めてかもしれん。ところどころ観た事無いシーン(忘れてるだけかも)あった。リーのセリフがカッコイイ。オハラとの試合、挑発気味に板を割るオハラに対し「板は反撃しないぞ」。シビレター!
鑑賞日:07月27日 監督:ロバート・クローズ

96時間 [DVD]96時間 [DVD]
負けない親父。激烈に強い!スッキリ、爽快に観られる一本。
鑑賞日:07月12日 監督:ピエール・モレル

6月は簡易的でなんですが。
06/30 『東のエデン』劇場版I The King of Ede
この『東のエデン』はOVA観ただけじゃ何もすっきりしないので劇場版含めて初めてストーリーが分かってくる。そしてこの映画は面白かった。先が気になる。

06/29 『ザ・スピリット』
これは・・・。30分で挫折。なんとも幼稚な感じ。

06/28 『バンコック・デンジャラス』
そこそこ出来た映画。撮影場所がタイなのは予算の関係なのかな?恋愛シーンはいい雰囲気だった。

06/20 『TAIZO』~戦場カメラマン・一ノ瀬泰造の真実~
BS-TBSで放送していたものを鑑賞。DVDと同内容かは不明。観たものは一ノ瀬泰造の家族、友人達の証言を交えて構成された一ノ瀬の軌跡。戦場ジャーナリストと野次馬の違いとはなんぞや?と前々から思っていたのだけど、その疑問は解決されなかった。しかし一ノ瀬泰造の人の良さ、人間性は伝わるものがあったと思う。それでもやっぱり親より先に死ぬのは一番の親不孝だぜ。

06/17 『悪魔を憐れむ歌』
テレビにて鑑賞。悪魔と警官の戦い。オチはどういうことだろう?人間も悪魔の心を持っている、悪魔の面もあると言いたいのかな。殺されてしまった教師が1番憐れな気がする。殺さなくても良かったろうに。

06/10 『かいじゅうたちのいるところ』
かいじゅう着ぐる身過ぎ。主人公の少年とかいじゅうを重ねて描いてるんだろうか。もっとCGっぽいモノを想像してました。

06/03 『スター・ウォーズ 新たなる希望』(エピソードIV)
スターウォーズ連続鑑賞中。これはテレビでも何度も観てるので特に新鮮さはなかった。ガラクタロボット回収船シーンでアニメ「WALL・E」風なロボット発見。

06/01 『スター・ウォーズ / クローン・ウォーズ』
エピソード2と3の間の話なのかな。CGアニメ。アナキンに弟子ができる。この話ではアナキンのキレっぷりは影を潜め正統派ジェダイといった感じに演出されている。

この中で特に良かったのは、『エヴァ』『96時間』

『エヴァ』は今までのアニメや映画を観た人も楽しめる事うけあい。今までの作品のパラレルワールド的に仕上がってるので。
なぜそうなのか悩むのもいとたのし。(´∀`)

『96時間』はアクションが好きで血が苦手でなければ観るべし!
R指定付いてたっけな?そんなにグロくないと思いましたよ。そのうちテレビでも放送されそう。


posted by さとつん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。