2011年09月05日

2011年6月と7月に観た映画

曇り雨
台風が来てて、西日本の被害が大変だというニュースが流れていた。東京でもここ2~3日雨風強く、今日あたりにやっとおさまってきたというような状況。
被害が少ないといいんだけどね。


いつもの映画のまとめです。
6月は数こなして7月は少なめ。

6月の鑑賞メーター
観たビデオの数:11本
観た鑑賞時間:1212分

アイ,ロボット 通常版 [DVD]アイ,ロボット 通常版 [DVD]
観たのは3~4回目。近未来を感じさせてくれてワクワクする。アクションもCGも見応えあり。シャイアラブーフが出演してる事に今回初めて気づいた。f^_^;)
鑑賞日:06月25日 監督:アレックス・プロヤス

マトリックス 特別版 [DVD]マトリックス 特別版 [DVD]
TVにて鑑賞。観たのは何度目か?何回か観てるハズだけど今回やっと理解できた事とかまだあった!いかに普段ボーっと観てるかってこったな。1999年の作品でPS2と同時にDVD買ったのを覚えている。この作品がDVDの牽引役になったんだよね。10年以上前の作品だけど今観ても古臭さを感じないのは凄い映画って事じゃないかな。つらい現実か楽しく平凡な仮想世界か、どちらが幸せなのか考えさせられる。
鑑賞日:06月25日 監督:Array,ラリー・ウォシャウスキー

イーグル・アイ スペシャル・エディション (2枚組) [DVD]イーグル・アイ スペシャル・エディション (2枚組) [DVD]
シャイアラブーフが出てる映画は外さないというデータが脳内でかなり固まってまいりました。この映画もワクワクドキドキのアクションを存分に楽しめます。オチがTV放送日の近かった「アイロボット」とかぶるのはご愛嬌。
鑑賞日:06月18日 監督:D.J.カルーソ

ヴァーチャル・ウォーズ [DVD]ヴァーチャル・ウォーズ [DVD]
昔あった同名の映画とは全く違う代物。手を出さないが吉。
鑑賞日:06月17日 監督:クリス・ハートウィル

ナイト&デイ (エキサイティング・バージョン)ブルーレイ&DVDセット(初回生産限定) [Blu-ray]ナイト&デイ (エキサイティング・バージョン)ブルーレイ&DVDセット(初回生産限定) [Blu-ray]
トムクルーズがスーパーマン的な強さを発揮する諜報員役を演じている。やたら眠らされるキャメロンディアス。そういうお約束的な展開嫌いじゃない(笑)。コメディタッチのアクションとして面白くできてます。
鑑賞日:06月12日 監督:ジェームズ・マンゴールド

トロン:レガシー DVD+ブルーレイ・セット [Blu-ray]トロン:レガシー DVD+ブルーレイ・セット [Blu-ray]
大好き系!前作は観てないがそれでも十分ワクワクさせてくれた。ただコンピューターの世界に入るという突飛な設定について行けるか否かで面白度が変わってくると思う。SF好きな人には迷わずおススメの一品。
鑑賞日:06月09日 監督:ジョセフ・コジンスキー

正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 [DVD]正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官 [DVD]
映画のテーマは移民問題。幾つかの物語りが時に交わりながら同時進行していく。法を守ることが必ずしも正義とは言えないのではないか?という疑問を観てる側にも訴えかけてくる。考えさせられる映画。
鑑賞日:06月07日 監督:ウェイン・クレイマー

パンドラム [DVD]パンドラム [DVD]
ラストの方で唯一盛り上がった。よほど興味ある人以外は手を出さないのが賢明かと。
鑑賞日:06月04日 監督:クリスティアン・アルヴァルト

ジェニファーズ・ボディ (完全版) [DVD]ジェニファーズ・ボディ (完全版) [DVD]
予告を観た感じではちょっとコメディタッチなのかと思いきや(勘違い?)全編シリアスに展開してます。悪魔とかそういう系の学園ものホラーです。一応はっきりしたラストなんだけど、被害者だらけでスッキリせずな印象。ニーディ役のアマンダ・セイフライドが可愛かった。
鑑賞日:06月03日 監督:カリン・クサマ

[リミット] コレクターズ・エディション [DVD][リミット] コレクターズ・エディション [DVD]
棺に閉じ込められた男が目を覚ますところから物語が始まる。話が進むにつれ少しずつ閉じ込められた理由などが分かってくるといった感じの映画。あまり予算は掛かって無さそうだけどそれなりに緊張感とかあっていい。ただちょっと長ったらしい感は否めない。余談として主人公が「不安障害」だというシーンにちょっと親近感。
鑑賞日:06月02日 監督:ロドリゴ・コルテス

戦場でワルツを 完全版 [DVD]戦場でワルツを 完全版 [DVD]
ジャケ写を見てポップなアニメを想像してるなら観てはいけない。それ程強烈な映像が含まれている。内容は戦争を題材にしたもので実写をアニメにおこした様な手法で創られている。アニメ調ドキュメントという感じ。ラストには実際の映像が使われているので弱い人は強烈に注意。
鑑賞日:06月01日 監督:アリ・フォルマン


続いて7月に観た映画。

7月の鑑賞メーター
観たビデオの数:3本
観た鑑賞時間:358分

トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
TVにて鑑賞。当然だけど若干カットされていた。ラストに敵の戦闘機型ロボが逃げ帰るシーンはカットしない方が次回作により期待が高まって良かったのではないかと。初めて観る人には敵味方の区別がつきづらいのが難点。しかし基本とことん面白い!
鑑賞日:07月24日 監督:

運命のボタン [DVD]運命のボタン [DVD]
最後まで謎の映画。SF、宇宙人モノっぽいです。ハッキリしないままストーリーは続きます。そのままラストへ・・・。観終わった後あれこれ考えを巡らしても解決しませんでした。完成度が低いとしか言えないかと。それか僕の理解力が無いかどっちかでしょう(笑)。ボンヤリと謎のままが好きな方ごめんなさい。
鑑賞日:07月12日 監督:リチャード・ケリー

WILD HOGS/団塊ボーイズ [DVD]WILD HOGS/団塊ボーイズ [DVD]
NHKBSにて鑑賞。観たかった映画だったのでラッキー。人生に疑問を抱いて旅に出て色々騒動が巻き起こる的な話。出演者が個性的でいいです。コメディー的な作りなんだけど芯には人生感があるようなないようなで。多分ある。笑ってちょっと考えさせられたりもして、人生に疲れてる人にはうってつけの映画かと。レイリオッタとかM・C・ゲイニーとかナイスな役者さん達が脇をガッチリ固めています。
鑑賞日:07月08日 監督:ウォルト・ベッカー


TVでの再放送モノは粒ぞろいのラインナップだったかと。
その他に観た映画はどれもかなり面白かった。中でも良かったのは『トロン:レガシー』。1980年代に創られた前作から20数年経っての続編。何気に前作は観てなくて、うっすら内容は知ってるというレベル。それでもかなり面白いと感じた。音楽もエレクトリカルでコンピューターサウンド的な雰囲気をかもし出していてゾックゾクした。
SF好きな人にはかなりおススメ。

『戦場でワルツを』は歴史を知りたい人にはいいかもしれない。ただ、ラストに実際の強烈な映像がちょこっと出てくるので気をつけて下さい。

逆にあまりおススメしない映画は『ヴァーチャル・ウォーズ』『運命のボタン』
『ヴァーチャル・ウォーズ』はジャンルが好きという人なら観てもいいかなあ。『運命のボタン』は不出来なので他に観るモノが無いという人以外は避けた方が無難です。

【関連記事】
『スターシップトゥルーパーズ3』
ニコラスケイジの『NEXT』
『紀元前一万年』&『アメリカン・ギャングスター』
『自虐の詩』鑑賞
999&ルパン


posted by さとつん at 00:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アイ・ロボットは始まって数分で寝てしまったわ。
吹き替えなら観れたかもやけど、字幕読むのと
洋画に興味がないのとで、頭に入ってこず
終わるまでぐっすり眠れました。
レッドクリフは字幕でも、面白かったわ。
Posted by ちぃ at 2011年09月07日 03:26
邦画だったら『リアル鬼ごっこ』って映画だったと思ったけど、結構オモロかったよ。

じゃあさ、眠りたいときにはアイロボット観ればおkじゃん。♪(´ε` )
Posted by さとつん at 2011年09月07日 21:34
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。