2012年03月22日

放射能の汚染度が分かりやすい記事

晴れ
(2012.3.31 記事のリンク先変更されたので修正)
ああ、眠いッス。一日が過ぎるのが、とんでもなく早い。とりあえず、今は寝るとします。

その前に、ちょびっと放射能について書いておきます。警戒心ない人が多いと感じる、今日この頃。本当に大丈夫かいな、日本は。
世界のたくさんの国々が、日本の食品の輸入をストップしている現状を知ってますか?

チェルノブイリと福島を比べた、図入りの記事があったので貼っておきます。単位が揃えてあって、汚染度合いを比べやすいと思います。

文は、松本市長の菅谷昭(すげのやあきら)さんのインタビューです。菅谷さんは、過去にベラルーシで、ガンの治療などの医療活動していた方です。自分の目で見てきた方なので、今の、日本の放射能に対する対応に、危機感を持たれています。

satotsun5656 / さとつん(脱原発、発送電分離希望)
「政府、汚染の深刻さを未だ理解せず」 松本市長 菅谷昭 氏 http://t.co/w8dVpjs0 RTもしましたが、図が入ってて分かりやすいのでもう一度ツイート。特に、放射能?大丈夫じゃね?って、無警戒の人に見せてあげたい。 #放射能 at 03/21 18:05

<政府、汚染の深刻さを未だ理解せず(金融ファクシミリ新聞 TOPインタビュー)>
http://www.fng-net.co.jp/itv/2012/120312.html
http://www.fng-net.co.jp/itv/index.html
以下画像を引用。
12/03/23-1

12/03/23-2
図の出典元は菅谷氏著「これから100年放射能と付き合うために」(亜紀書房)
http://www.akishobo.com/book/detail.html?id=500



子どもたちを放射能から守るために [単行本] / 菅谷昭 (著); 亜紀書房 (刊)


【関連記事】
まだ見てない人は一度見てほしい、放射能の汚染マップ
小佐古氏の辞任会見
震災関連のツイートいろいろ
放射能の危険度を海外から知る
地震連発と気になる浜岡原発と選挙


posted by さとつん at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 震災・原発・放射能 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。