2012年05月31日

福島第一原発4号機の現状

曇り
体調は良からず悪からず。若干悪いかなという塩梅。
減薬は継続中だけど、やる気が出ないという状態は相変わらず。
結局、働くとなったら、パキシル20mgじゃ緊張感が高いと思うんで、恐らく増やさなきゃならないのだけど。暗中模索。

そして原発の話です。
先週末に、政府が福島第一原発、通称「福一」の4号機の視察に行きました。内外の「4号機が危ないのではないか」という声に動かされたものという見方が強いようですよ。

実際にはどうなのか? 先週末に、TV朝日『報道ステーション』での特集を、覚えてるだけ書き出しました。
該当動画
http://vimeo.com/42850195

・ 使用済み燃料プールの水が無くなった場合、燃料棒の温度は300℃くらいまで上がる。
⇒ 空気でも冷やされるので危険性は低い。

・ 建屋が倒壊するなどして、燃料棒がバラバラに重なるような状態になった場合、中の方は冷やされない為、より温度が上がるかもしれない。
・ 燃料棒の被覆管は700℃を超えた辺りで破裂する。
⇒ 放射能が拡散する危険もある。

TVを見ての結論として、地震や台風などで、建物自体が倒壊した場合は相応の注意が必要と思われます。最悪、避難も考えておく必要があるかもしれません。

以下4号機の現状など、是非一度見てください。
以下ツイートの引用です。

事故で世界中が破滅...... 福島第一原発4号機に危機感を募らせる国際社会 http://www.wa-dan.com/article/2012/05/4-4.php #原発
posted at 15:32:59


RT @irukatodouro: 日本の新聞もやっと福島原発4号機の危機=日本終了を報道しはじめましたhttp://kurionet.web.fc2.com/hokkaido20120513.html(北海道新聞) @kawauchihiroshi @ChobinZukeran @tamakidenny @kawauchiofiice @hatatomoko
posted at 12:50:42




以下NAVERまとめより。



posted by さとつん at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 震災・原発・放射能 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。