2012年09月19日

福島で18歳以下1人が甲状腺がんというニュース


ここんとこ、ちょっと疲れ気味です。基本、寝てばっかりです。
ちょっとやる気な日には、映画観たり。
薬変えた影響かもしれないし、そうでないかもしれないので、もう少し様子見ます。

毎日、色々ニュースありますが、気になるのはやはり放射能や原発の事。
つい最近、福島の健康調査で、甲状腺がんが見つかったというニュースがありました。ご存知でしたか?

<18歳以下1人が甲状腺がん 福島健康調査8万人分析 放射線の影響は否定(2012/09/11 47NEWS)>
http://www.47news.jp/47topics/e/234413.php

以下引用です。
福島県立医大の鈴木真一(すずき・しんいち)教授は「チェルノブイリでも甲状腺がんは(発生まで)最短4年。福島では広島、長崎のような外部被ばくや、チェルノブイリのような内部被ばくも起きていない」と述べ、放射線の影響を否定した。

上のように、福島医大の鈴木真一教授は、放射能との関係をキッパリ否定してますが、何を根拠に否定してるんでしょうか。

僕は、放射能と健康の問題について、今出てきている情報だけでは、絶対安全だとも言えないし、とても危険だとも言えないと思ってます。
だからこそ、「なるべく避けた方がいい」というスタンスをとった方がいいと思ってるし、実際そうしてます。

放射能の情報って、TVではあまりやらない印象を受けます。僕ももっぱら情報源はネットです。
スポンサーの関係などから、放送し難い状況なのでしょうか?

だからこそ、公共放送をうたうNHKで、もっと積極的に放射能や健康に関しての情報出して下さい。というか、そういう放送をするのが、公共放送の役目だと思います。

ニュース番組での、今日の放射線の情報も、いつの間にか終わってしまった。データ放送でもやってない。これで「皆様のNHK」って言うんだからふざけてる。国の方を向いた放送をしている「実質」国営放送局としか思えない。

実際にこのニュースは、どれくらい時間を割いて放送したんでしょうか。というか、放送はしたんだよね?

放射性セシウムが人体に与える 医学的生物学的影響: チェルノブイリ・原発事故被曝の病理データ -
放射性セシウムが人体に与える 医学的生物学的影響: チェルノブイリ・原発事故被曝の病理データ -
[Amazonモバイル]
[楽天]


【関連記事】
放射能の汚染度が分かりやすい記事
福島原発からの放射能の地表・海洋の拡散シミュレーション
福島原発から放出された放射性セシウムは原爆168個分
放射能関連のサイトのリンク
福島原発と東電と放射能(追記あり)


posted by さとつん at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 震災・原発・放射能 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。