2013年03月25日

30日深夜再放送『チェルノブイリ原発事故・汚染地帯からの報告 第2回 ウクライナは訴える』

雨
またまたETV特集のお知らせです。
再放送なんですが、見てない方には是非一度見ていただきたい番組です。
放送は30日(土)の深夜、31日(日)午前0時50分からです。

<シリーズ チェルノブイリ原発事故・汚染地帯からの報告 第2回 ウクライナは訴える>
http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2012/0923.html
13/03/25

チェルノブイリ原発事故で放射能に汚染されたウクライナでは、今でも、大人から子どもまで、体の不調を訴える人がいます。
心臓血管呼吸器甲状腺疾患など、症状と部位は様々。

世界的に、それが放射能と関係あるか否かで専門家の間でも見解が分かれてる状況ですが、少なくとも、放射能の汚染度が比較的高いところに住んでいる多くの人達が、不調を訴えているという現実はあります。

以下全文転載です。
2011年4月、チェルノブイリ原発事故25周年の会議で、ウクライナ政府は、汚染地帯の住民に深刻な健康被害が生じていることを明らかにし世界に衝撃を与えた。
チェルノブイリ原発が立地するウクライナでは、強制避難区域の外側、年間被ばく線量が5ミリシーベルト以下とされる汚染地帯に、事故以来26年間、500万人ともいわれる人々が住み続けている。
公表された「Safety for the future未来のための安全」と題されたウクライナ政府報告書には、そうした汚染地帯でこれまで国際機関が放射線の影響を認めてこなかった心臓疾患や膠(こう)原病など、さまざまな病気が多発していると書かれている。
特に心筋梗塞や狭心症など心臓や血管の病気が増加していると指摘。子供たちの健康悪化も深刻で2008年のデータでは事故後に生まれた子供たちの78%が慢性疾患を持っていたという。報告書は事故以来蓄積された住民のデータをもとに、汚染地帯での健康悪化が放射線の影響だと主張、国際社会に支援を求めている。
2012年4月、私たちは汚染地帯のひとつ、原発から140キロにある人口6万5千人のコロステン市を取材した。この町で半世紀近く住民の健康を見続けてきた医師ザイエツさんは、事故後、目に見えて心臓病の患者が増えたことを実感してきたという。その原因は、食べ物による内部被ばくにあるのではないかとザイエツさんは考えている。予算が足りず除染が十分に行えなかったため、住民は汚染されたままの自家菜園で野菜などを栽培し続け食べてきた。また汚染レベルの高い森のキノコやイチゴを採取して食用にしている。
学校の給食は放射線を計った安全な食材を使っている。しかし子供たちの体調は驚くほど悪化。血圧が高く意識を失って救急車で運ばれる子供が多い日で3人はいるという。慢性の気管支炎、原因不明のめまいなど、体調がすぐれない子供が多いため体育の授業をまともに行うことができず、家で試験勉強をして体調を崩すという理由から中学2年までのテストが廃止された。
被ばく線量の詳細なデータはなく、放射線の影響を証明することは難しいが、ウクライナの汚染地帯で確かに人々は深刻な健康障害に苦しみ、将来に不安を抱えながら暮らしていた。
しかしIAEAをはじめとする国際機関は、栄養状態の悪化やストレスなども原因として考えられるとしてウクライナの主張を認めていない。放射線の影響を科学的に証明するには被ばくしていない集団と比較しなければならないが、住民の被ばくに関するデータも、被ばくしていない集団のデータも十分ではなく、今後も証明は困難が予想される。
国際社会に支援を訴えながら、放射線の影響とは認められていないウクライナの健康被害。チェルノブイリ原発事故から26年たった現地を取材し、地元の医師や研究者にインタビュー、ウクライナ政府報告書が訴える健康被害の実態をリポートする。


最後に、この番組の内容はここ数年の話で、遠い昔のことではないということを、忘れちゃいけないと思います。


低線量汚染地域からの報告 チェルノブイリ26年後の健康被害


[Amazonモバイル]
[楽天]


【関連記事】
今夜再放送!【 ETV特集】チェルノブイリ原発事故・汚染地帯からの報告 第1回 ベラルーシの苦悩


posted by さとつん at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・ラジオ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。