2013年04月25日

放射能危機は終わってません

雨
朝から曇天で、夜から雨降ったけど今は止んだ様子。
明日は、市役所行って自立支援の手続きと、病院も行けたら行く予定。
ああ、行かないと薬が切れるから行かなくちゃダメか。面倒だ。

最近、脳内を支配してる考えを少し。
福島原発が相変わらず大変な状況で、放射能を含んだ汚染水が海に漏れてる疑惑もあるのに、人々はのほほんと、以前と変わらぬ生活をしてる様にしか見えない世の中に、薄っぺらさを感じてしまいます。

皆、それぞれ生活があるから仕方ないのは分かるけど、危機感を感じてない人が多い気がするのは気のせいか。内面では不安を抱えているのだろうか。

外出する度、人と出会う度、そんな事ばかり考えてます。

放射性物質は、食べ物と一緒に口から入ったり、呼吸と共に体に入り、吸収され、血管を通って体のあちこちに留まります。それくらい小さいという事。

流行りの「PM2.5」を気にするなら、放射性物質も気にするべきです。むしろ、健康大好き日本人が気にしない方がおかしいと思います。

わずか2年で放射能はなくなりません。まだまだ注意していかないと。


posted by さとつん at 01:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 震災・原発・放射能 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さとちんさん、こんばんは。
いつも書き込みありがとうございます。

放射能の恐怖というか、そういうものは関西ではあまり感じていないかもしれません。
どちらかというと、pm2.5の方が被害が出ているので、恐がっていますね。

でも、何というのか関東の方々も、恐すぎて麻痺しているのではないかなと思います。
考えると、恐い、みたいな...。
それでも、何か大きな事があると、皆さん協力してやるのではないかな。
3.11の時みたいな感じで...。

自然に人的に、やはり災害は恐いですね。
さとちんさんは大丈夫ですか。
くれぐれもお体には気をつけて、お過ごし下さいね。

年下が小さな意見、すみませんでした。
Posted by 天丼 at 2013年04月25日 16:52
天ちゃんこにちはー。
いやいや、年下とか関係なく意見歓迎よ。
むしろこれからは、若い人達の方が放射能と関わっていく時間が長いわけだし。

PM2.5も勿論避けた方がいいよね。ただ、プラスαで放射能や、農薬、食品添加物、遺伝子組み換え食品なども、食事からのリスク要因となり得るから、どれも心配するのが正しいのかなぁと、オッサンは思ってる次第。

天ちゃんも、体気をつけてね。ありがとね。(=゚ω゚)ノ

Posted by さとつん at 2013年04月25日 20:05
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。