2013年07月15日

福島原発での汚染水問題と、海洋への拡散動画

晴れ
東京、今日も暑いです。猛暑日なのかな? 微妙なところっぽいです。

知ってる方もいるかと思いますが、先週、福島原発で、高濃度の汚染水が次々に発見されるということが起きてました。
トリチウム ⇒ 63万ベクレル。
ストロンチウム ⇒ 90万ベクレル。

<【福島第1原発の現状】 井戸で汚染水相次ぐ 土の壁で海への流出阻止(47NEWS(よんななニュース)2013/07/15)>
http://www.47news.jp/47topics/e/243433.php

以下画像引用。
13/07/15


図を見ると分かりますが、どれも海に近い場所で見つかってます。
東電は、海への流出は否定的らしいですが、海に漏れてると考える方が自然な気がします。

どっちにしても、ここにきて、放射線のレベルが上昇した背景が何かということが、とても気になります。
地中に漏れ出た汚染水が、これ以上地中に滲みだせない状態になってしまった、とか?

引き続き、注視していく必要ありそうです。

そして、原発事故から2年経ってこういう状況なので、汚染水の拡がり方も気にしておく必要があると思ってます。

10年後の太平洋放射能汚染シミュレーション。

http://youtu.be/Z8pBAIqGMC4


posted by さとつん at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 震災・原発・放射能 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。