2014年02月07日

放射能のぷち話

晴れ
寒いです。
寒さのせいか、お腹の具合があまり良くないです。

花粉が飛び始めたそうです。
もれなく放射性物質もくっ付いてくるので要注意です。

放射性物質は花粉より小さいです。
体の中に吸収されるほど小さいです。
血液と一緒に体の中をあちこち回ってます。

放射性物質からは放射線が出ています。
放射線は細胞をDNAレベルで傷つけ破壊します。

細胞の修復にはエネルギーが必要です。
体力使います。
疲れやすくなるかもしれません。
免疫力が低下するかもしれません。

5年後10年後、あとから影響出てくるかもしれない放射能。
気をつけるに越したことない放射能。


ラベル:放射能
posted by さとつん at 02:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 震災・原発・放射能 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さとちんさん、こちらではお久し振りです。

放射能に、PM2.5、PM0.5、火山灰に汚染物質・・・色々。
キケンな物質がちょっぴり多すぎますね。
福島県ではもっと、国が検査をすべきなのだと思います。
なかなか、してくれる事って少ないのですけどね。

お腹の具合はいかがですか。
暖めたり、お腹に優しい物を召し上がって下さいね。
風邪・ノロにはご注意を!
Posted by 天丼 at 2014年02月07日 14:26
天ちゃんどもどもー。
放射能の情報や知識は、もっと世間に知らせなきゃいけないのに、TVじゃほぼやらないからね。
そこがまずおかしいんだよね。

検査はしてるらしいけど、方法は地域でバラバラ。検査漏れもあるので、100%安全なものが流通してるとも言えない。
汚染度合いが、高い食品をゲットしてしまうのも、運次第なのが現状だと思う。
国の基準値が本当に安全なのかも疑問。

一番は、数年後の子ども達が心配なのよね。
Posted by さとつん at 2014年02月08日 02:06
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。