2016年07月12日

参院選と安倍政権と憲法改正


参院選終わりました。が、すぐに東京都知事選があります。めんどくさい…。
行くけど。

参院選について。
与党は、選挙の争点で経済についてばかり語ってましたが、実は憲法改正が本当の狙いだったんじゃないかという話です。
公明党は違うのかもしれませんが、自民党、特に安倍さんは憲法改正に強い意欲があるようです。

その証拠というか、参院選では一言も憲法改正に触れませんでした。少なくともTVでは見た記憶がありません。

NHKのビッグデータでは、Twitter上(?)での発言に憲法という言葉は、上位10個に入ってませんでした。
これは、意識して使わないようにしてたと考えるとしっくりきます。
野党は、上位10個の中に、憲法という言葉を使ってましたから。

とにもかくにも、これで憲法改正を行うことができる状況、衆参で改憲勢力が3分の2とった状態になりました。
あとは、最後の決定権である国民投票で半分以上の賛成があれば、憲法改正できるわけです。
国民投票がどう行われるのかわからないんですが、何度もやるの?とか。
イギリスみたいに、結果がみんなの予想外になるということも十分ある訳で、そう考えると怖いなあ。
自民党の憲法草案が権利を制限するような内容なので。
憲法改正誓いの儀式の動画も怖いなあ。

以下は、選挙後の安倍さんの様子です。

以下画像引用です。
16/07/12-1



以下画像引用です。

16/07/12-2


前回、2014年の衆院選でも同じようなことしてました。

以下画像引用です。
16/07/12-3


デーブさん、選挙特番についてダジャレなしでビシッと仰ってます。



posted by さとつん at 05:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 世の中 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。