2007年08月30日

18回目の夏だった

曇り
8月30日は忘れられない日。
病気を発症した日だ。
18年前の1989年8月30日にパニック発作を起こした。
暑い夏の午後のことだった。

それから18年、いつの間にか時が経った。
死にたいと思ったこともあった。
号泣したこともあった。
それでも今も生きているし、あれ以来号泣はしていない。


なんとなく生きてきた。
これからもそうかもしれない。
でも、これで良かったと思ってる。

こういうのって、あとで振り返って気付くんだよなあ。
今みたいに。


『今日までそして明日から』 by 吉田拓郎
私は今日まで生きてみました~♪



まあ、行けるとこまで行きましょか。


posted by さとつん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔の話 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。