2008年04月12日

犬のドキュメント番組

晴れ
どのチャンネルだったか覚えてないんだけど、地震の被害にあった犬とその飼い主さんが出てるドキュメント番組を観た。

新潟の山古志村での話で、映画化もされた。
『マリと子犬の物語』

映画のことは置いといて、その番組で紹介されてた犬、マリの今の状態に衝撃を受けた。

見た感じは健康そうで可愛いワンコ犬なんだけど、地震で受けた恐怖からか、今でも精神的に不安な状態が続いてるんだと。
物音に敏感になり過ぎていて、失神して入院してしまったこともあったとか。

そんな状態なんで、精神薬(抗不安薬かな)を服用してる。
犬も人間と同じなんだなって驚いた。
アンド、なんて愛しい存在なんだって思った。・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:・

今までは、言葉通じないから感情とかよく分からない部分も多いな~って思ってたんだけど、人と同じだなって確信が持てた。


一方で、世の中では殺処分される犬猫犬猫がまだまだたくさん居る。
年間約14万匹だとか。
これはマジでイカンよね。

最後まで面倒見切れなくて捨てたり、保健所に持って行ったりするんでしょ。
酷過ぎる。
理由が何であれ最後まで面倒見ろよ!パンチ
里親探すとかそういう選択もあるでしょ。


それと、ペットがもし迷子になった場合は、なるべく早く警察や保健所に知らせるべしです。
飼い主が見つからない場合、地域によっては3~4日で保健所に連れられて行きます。
法律が変わって処分されるのが早まったらしいです。

これも酷い話だ。

【関連記事】
あちこち噴火
月齢のブログパーツと体調と月と
東北で地震
地震関連で気になること
中国での地震


ラベル: 生き物 社会 地震
posted by さとつん at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然・科学 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。