2015年03月22日

放射能のぷち話2 花粉の飛び方は分かりやすい


花粉症キテマス。こもりがちです。
というか、花粉飛んでなくてもこもりがちです。

Twitterで「花粉症の人に見せたいGIF画像」なるものを発見しました。
https://twitter.com/gif_gazou/status/479527811888082945/photo/1

(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`)。

15/03/22-1
15/03/22-2
15/03/22-3

これは、しょうがないっちゃしょうがない。

この、見た感じ煙のような花粉。
細かく見ると、ひとつひとつの粒が集まってできたものです。

ここから、放射能の話になります。
放射能という言葉は、「放射性物質」と、そこから出る「放射線」をごっちゃにした、ある意味あいまいな言葉です。

原発事故では、放射性物質が飛んだということになります。
この粒子の大きさは、花粉よりはるかに小さいです。花粉にくっ付くくらい、もしかすると吸収されるくらい小さいです。

原発の作業員の方が、マスクをしているのはその為です。粒を、粒子を、放射性物質を吸い込まないようにしています。
体の中に入れば、そこで放射線を出し、細胞をDNAレベルで破壊します。
それを防ぐため、目の細かいマスクをしています。

ガイガーカウンターなどで計測して、放射能のレベルが高い場所は、放射性物質がそこら中にあるから高くなってます。
目に見えないくらい小さいから厄介です。
強い風が吹けば、ホコリのように舞い上がることも想像できます。

消えて無くならないのも、厄介です。
食物連鎖で、植物から動物に移り、動物が死ねば土にかえり、そして植物がまた吸収してと繰り返します。
チェルノブイリを見れば分かりますが、これが十数年単位で続きます。

福島原発事故は、まだ4年経っただけ。
漏れも継続しています。
呼吸から、食べ物から、まだまだ気をつけないといけないと思います。


【関連記事】
放射能のぷち話
ラベル:放射能 花粉症
posted by さとつん at 05:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 震災・原発・放射能 | 更新情報をチェックする

2015年02月26日

汚染水 外洋に垂れ流し 東京電力が

曇り
おはようございます。今日は雨が降りそうな天気です。

ここんとこの自分は疲れてます。毎度ながら。
体調的には、お腹の調子が悪いのが継続中といった感じ。
これは、病院行かないとダメだな。きっと。
放射能の影響もあるかもなぁ、なぁ、なぁ…。

福島原発では、海に放射能を含んだ汚染水が流出していたのを、東京電力が黙っていたというニュースがありました。
だんまりを決め込んでいたのは、これで何度目か。だから東京電力は信用できない。

そして、安倍さんは、「国が前面に出て対応する」と言っていたのに放置してる。
正直、安倍さんは、危機感に乏しいのだと思う。
ISに人質が取られた事件でもそう感じた。

これから先、福島原発の問題は数十年単位で考えなくちゃいけない。それはチェルノブイリを見ても分かること。
福島原発は、まだ始まったばかりなのに、こんな事が続くことが考えられない。
東京電力に任せてたらダメなんだって、気づいてくれ。

<汚染水 外洋に垂れ流し 1年前に把握、放置 福島第一(東京新聞 2015年2月25日)>
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2015022502100009.html
以下画像引用です。
15/02/26
posted by さとつん at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 震災・原発・放射能 | 更新情報をチェックする

2014年06月18日

福島原発 凍土壁は失敗か?

晴れ
こんばんは。久しぶりの庶民です。

ここんとこのパターンは、母ちゃんのお見舞いと、日常生活で毎日が過ぎていきます。

ワールドカップはちびちび観てます。これまでと違って、自分的にはそれほど盛り上がってない感じですね。

そして、相変わらず福島原発から、放射能のだだ漏れが続いてます。大気中に、海に…。
安倍総理は、オリンピックの招致の演説で、「汚染水はブロック」してると自信満々に言ってましたが、実際は漏れてます。
対策も確立されてません。

緊迫感のない世の中。それが僕の感覚と、どんどん乖離していくように感じてます。
TVではバラエティー番組が圧倒的に多く。それはそれでいいけど、福島原発の現状も放送しなさいよと。

<地下トンネルの汚染水 十分に凍らず(NHKニュース 2014年6月18日)> 
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140617/k10015270291000.html
以下引用です。
14/06/18


もっと詳しく知りたい方は以下よりどうぞ。
<福島第一原発、凍土壁が十分に凍らない状態(ハフィントンポスト 2014年06月17日)>
http://www.huffingtonpost.jp/2014/06/16/fukushima-daiihchi-nuclear-ice-wall_n_5501729.html?utm_hp_ref=japan

こんな綱渡りの状態がいつまで続くのか。
汚染水タンクも劣化が始まっている。

撒き散らされた放射能(セシウム137)が、事故前のレベルまで下がるのは300年後。これも、再臨界など起こらないと仮定した場合なのだけど…。
ラベル:福島原発 放射能
posted by さとつん at 02:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 震災・原発・放射能 | 更新情報をチェックする

2014年02月07日

放射能のぷち話

晴れ
寒いです。
寒さのせいか、お腹の具合があまり良くないです。

花粉が飛び始めたそうです。
もれなく放射性物質もくっ付いてくるので要注意です。

放射性物質は花粉より小さいです。
体の中に吸収されるほど小さいです。
血液と一緒に体の中をあちこち回ってます。

放射性物質からは放射線が出ています。
放射線は細胞をDNAレベルで傷つけ破壊します。

細胞の修復にはエネルギーが必要です。
体力使います。
疲れやすくなるかもしれません。
免疫力が低下するかもしれません。

5年後10年後、あとから影響出てくるかもしれない放射能。
気をつけるに越したことない放射能。
ラベル:放射能
posted by さとつん at 02:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 震災・原発・放射能 | 更新情報をチェックする

2013年11月21日

放射能 毎時1000万ベクレル 大気中に放出続いてます

晴れ
寒くなって参りました。
TPP、秘密保護法案、消費税などなど、気になるニュースもあるんですが、原発・放射能はこれから長く付き合っていくテーマということで、福島原発の近況を。

と言いつつ、先月のニュースですいません。
閉会中審査の参議院経済産業委員会という場で、東電の廣瀬直己社長が語った話です。
13/11/21

ニュース元の動画はこちら。2:32:30辺りから。
http://youtu.be/-MoFjq2tyu8

<今も毎時1000万ベクレル 大気中に放出続く(財形新聞 2013年10月8日)>
http://www.zaikei.co.jp/article/20131008/155680.html

以下引用です。
福島第一原発事故に伴い大気中に放出された放射性物質は「セシウムの134、137を合わせて2万兆ベクレルになるとみている」と東電の廣瀬直己社長が7日の閉会中審査の参議院経済産業委員会で語った。

廣瀬社長は「現在も毎時1000万ベクレルの追加的放出がある」と大気汚染が継続的に続いているという深刻な状況にあることを示した。

また、海洋への放射性物質の放出について「当初は7100兆ベクレル放出されたとみている。その後、地下水の汚染などにより、最大で1日あたり最大200億ベクレルのセシウムが放出されているとみている」と述べた。


まとめ。
「大気への放出」
当初、セシウム134と137合計で、2京ベクレル(=2万兆ベクレル)大気中に放出された。
現在、毎時1000万ベクレル、1日2億4000万ベクレルが大気中に放出されている。

「海洋への放出」
当初、7100兆ベクレル
現在、最大で1日あたり最大200億ベクレル(文章が分かりづらいのではっきりと判断できません。ただ、量は不明ながら毎日汚染水が漏れているのは事実だと思います)。

あと、過去記事で「福島原発から放出された放射性セシウムは原爆168個分」と書きました。
この、原爆168個分というのは「分かりやすく例えると」、という意味合いも含まれていると思います。
それでも、168個分相当の放射能がばら撒かれたのは間違いないのですが(少し文章訂正しました)

毎時1000万ベクレル、1日で2億4000万ベクレルという量はどうなんでしょう?
大気中である程度は拡散するので、どれくらい吸い込んだり、食べ物と一緒に食べたりするかの判断は難しいですが、放射線計測のサイトを見ると、影響があるとも思えます。

空間線量率 折線グラフ
http://ma-04x.net/

新・全国の放射能情報一覧
http://new.atmc.jp/


国はなにもやってくれない現状、気をつけるのも自己判断ですが、後々情報が出てくることが多々あったので僕は注意してます。

【関連記事】
まだ見てない人は一度見てほしい、放射能の汚染マップ
放射能の汚染度が分かりやすい記事
福島原発からの放射能の地表・海洋の拡散シミュレーション
posted by さとつん at 05:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 震災・原発・放射能 | 更新情報をチェックする

2013年09月01日

福島原発のタンクからの汚染水問題の続報

晴れ
今週初めは、涼しいと思わせておいて、昨日今日は暑さ戻りました。

昨日はダルかったので、1日中寝て過ごしました。
休んだので、ほんのちょっとだけ復活。

さて、世間ではきな臭い香りがプンプンと漂ってるんですが、大丈夫でしょうか。

そして、福島原発では、日々刻々と新たな問題が浮かび上がっています。

<第1原発、タンク4カ所で高線量 新たな汚染水漏えいの可能性 - 47NEWS(よんななニュース)2013/09/01>
http://www.47news.jp/CN/201308/CN2013083101001990.html

以下引用です。
東京電力は31日、タンクと配管の計4カ所から毎時70~1800ミリシーベルトの非常に高い放射線量が計測されたと発表した。

1800mSv/h、相当高い放射線量です。
1時間で1800ミリということは、10分で300ミリ。3分も居たらほぼ100ミリです。ヤバいです。

β線が主なので、遮蔽すれば大したことないと朝日には書いてありましたが…。本当かな。
http://www.asahi.com/national/update/0831/TKY201308310374.html

(参考:放射線の人体への影響

(参考2:以前にもリンクした東京新聞のサイトより)
【放射線 対処法は】(東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/feature/tohokujisin/hoshasen.html
以下画像引用です。
多少、数値に違いありますが、大まかにはこんな感じです。
11/08/02

β線(ベータ)について。α線(アルファ)、γ線(ガンマ)とは違う特性らしい。要勉強ですね。
以下ツイートの引用です。

ラベル:福島原発 放射能
posted by さとつん at 02:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 震災・原発・放射能 | 更新情報をチェックする

2013年08月24日

福島原発でタンクから汚染水漏れ

晴れ
8月後半に入ったにもかかわらず、相変わらず暑い日が続いてます。

福島原発では、放射能に汚染された水が漏れまくってます。海にも漏れてます。とにかくとてもヤバいです。
この「汚染水」問題、地下水が海に漏れてる以外に、新たにタンクからの漏れも発覚しました。

詳しく調べたら、別のタンク2基からも漏れが疑われているとのこと。

<タンク汚染水300トンが漏えい 福島、8千万ベクレルの高濃度 - 47NEWS(よんななニュース)2013/08/20>
http://www.47news.jp/CN/201308/CN2013082001001392.html

<タンク2基で新たな漏えいか 福島第1原発、底部で高線量 - 47NEWS(よんななニュース)2013/08/22>
http://www.47news.jp/CN/201308/CN2013082201001629.html

敷地内には、このタンクと同型の物が、約350基あるそうです。耐用年数は5年とか。ただ、今までもすでに4件の漏れがあったので、実際は5年ももたないという意見もあります。

それと、タンク周辺の空間線量(放射線の強さ)が、毎時100ミリシーベルト(100mSv/h)と非常に高いため、作業に支障が出る恐れもあります。

この「シーベルト」という単位、100mSvを超えると、がんになる可能性が出てくると言われてます(最近では、100mSv以下でも発がんの危険性を指摘する意見もアリ)。

そういうことから、作業員の方の浴びていい放射線限度も、100mSvとなっていると思われます(1年で50mSvか、5年で100mSvらしいです)。

ちなみに、一般人が普通に生活していて浴びる放射線量は、1年で約1mSvほど(これももう少し高いという意見もあったりしますが)。

タンク周辺で、1時間に100mSvということは、なるべく素早く作業しなくてはいけないということ。例えば、30分の作業で、年間の50mSvという限度を超えてしまい、法令上は作業ができなくなるということです。

今は3か所ですが、これから先どんどんタンクが劣化して敷地内が高線量だらけになったら、人が近づけなくなる恐れも出てきます。
そうなると漏れの修理なんてことは不可能で、ただ傍観するしかなくなります。

タンクから別の場所への移し替えなど、早く対策取らないと本当にお手上げ状態になっちゃいます。
ラベル:福島原発 放射能
posted by さとつん at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 震災・原発・放射能 | 更新情報をチェックする

2013年07月29日

福島第一原発2号機 23億ベクレルの汚染水(トリチウム追記)

晴れ
(追記:7月26日採取した水からはトリチウムも検出されていたようなので補足しました)
晴れてるのでダラダラしてます。
晴れてなくてもダラダラしてます。
それは置いといて、またもや福島原発であらたな問題が発覚です。

3号機で湯気とか、高線量とか言われてましたが、2号機も汚染水がとびきり高濃度なもようです。

<汚染水 事故直後と同程度の高濃度(NHK 2013年7月27日)>
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130727/k10013340221000.html

以下引用です。
13/07/29

福島第一原子力発電所で、汚染水が海に流れ出ている問題で、東京電力が、海に近い「トレンチ」と呼ばれる地下のトンネルにたまっている汚染水の濃度を測った結果、事故直後のおととし4月に、海へ流れ出て問題となった高濃度の汚染水とほぼ同じ濃度で検出されました。

(中略)

海から50メートルほどの2号機近くのトレンチで、26日採取した分から放射性セシウムが、1リットル当たり23億5000万ベクレルと、極めて高い濃度で検出されました。
この濃度は、事故直後のおととし4月に、海へ流れ出て問題となった高濃度の汚染水とほぼ同じ濃度


事故直後と同程度の汚染具合というのは、とても怖いんですが。どうなっちゃたんでしょうか。
NHKはあまり詳しくないので、東京新聞の記事も紹介します。

<福島第一2号機 23億ベクレルの汚染水確認 (東京新聞 2013年7月27日)>
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013072702000243.html

以下引用です。
13/07/29-2
放射性セシウムの濃度は一リットル当たり計二三億五〇〇〇万ベクレルで、半減期が約三十年のセシウム137は一六億ベクレル、半減期が約二年のセシウム134は七億五〇〇〇万ベクレルだった。
ベータ線を出すストロンチウムなどの放射性物質も七億五〇〇〇万ベクレル検出された。


<トリチウムは870万ベクレル 第1原発・トレンチの汚染水(2013年 7月29日 福島民友ニュース)>
http://www.minyu-net.com/news/news/0729/news8.html

以下引用。
13/07/29-3
東電は28日、作業用の電源ケーブル用地下道(トレンチ)から採取した水からトリチウムが1リットル当たり870万ベクレル検出されたと発表した。採取した水からは既に1リットル当たり23億5000万ベクレルの放射性セシウムが検出されている。
東電によると、水を採取したのは26日。2号機タービン建屋とつながっている地下道の海から約50メートルの地点で採取した。


まとめ。
セシウム134 ⇒ 16億ベクレル
セシウム137 ⇒ 7億5千万ベクレル
ストロンチウム ⇒ 7億5千万ベクレル
トリチウム ⇒ 870万ベクレル


ちなみに平常時の放射能の濃度は、水1リットルで0.数ベクレルとかそんなもんらしいですよ。1ベクレルもいきません。

BBCニュースを訳してくれた方がいたので掲載します。
世界中が心配しています。

http://youtu.be/QXIVhxh91MM
posted by さとつん at 05:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 震災・原発・放射能 | 更新情報をチェックする

2013年07月27日

今週は、福島原発でいろいろ動きアリ

晴れ
そこそこ暑い日が続いてます。一時に比べると、夜は過ごしやすいですが。

選挙終わりました。
それはいいとして、その後、福島原発関連のニュース出だしました。
やっぱり汚染水が海に漏れていたとか、3号機で湯気が出てるとか、そこが高線量だとか。
かなりシビアにとらえないといけないと思われます。

そして、東京電力、いい加減過ぎて笑えないレベルです。
政府は、東電任せだとヤバいって思わないのかな。不思議。

以前の記事で、高濃度の汚染水が観測用の井戸で見つかったと書きましたが、今度は、実は湾内にも流出してましたというニュース。

<東電、汚染水の海への流出認める 「湾内にとどまる」(朝日デジタル 2013年7月23日)>
http://www.asahi.com/special/news/articles/TKY201307220438.html

以下画像とも引用です。
東京電力福島第一原発の海近くの観測井戸から高濃度の放射性物質が検出されている問題で、東電は22日、汚染された地下水が海に流出しているとみられると発表した。

(中略)

汚染は港湾内にとどまるとの見方を示している

(中略)

井戸の水位が潮位の変動で上下しており

13/07/27

汚染は図の湾内フェンス内側にとどまって、外洋には出ないと、東電側は言ってますが、「井戸の水位が潮位の変動で上下」してるってことは、外界と遮断されてないってことです。

そして、一応フェンスが張ってあり、これにより生き物が行き来して汚染は拡がりませんが、海水に混じった放射性物質には効果なしと思っていいと思います。
つまりは漏れ放題です。

もう一つ、3号機から湯気が出てて、その近辺で放射線量が高いというニュースもありました。
詳しくはまた書く予定です。

福島原発、引き続き注意です。
posted by さとつん at 02:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 震災・原発・放射能 | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

福島原発での汚染水問題と、海洋への拡散動画

晴れ
東京、今日も暑いです。猛暑日なのかな? 微妙なところっぽいです。

知ってる方もいるかと思いますが、先週、福島原発で、高濃度の汚染水が次々に発見されるということが起きてました。
トリチウム ⇒ 63万ベクレル。
ストロンチウム ⇒ 90万ベクレル。

<【福島第1原発の現状】 井戸で汚染水相次ぐ 土の壁で海への流出阻止(47NEWS(よんななニュース)2013/07/15)>
http://www.47news.jp/47topics/e/243433.php

以下画像引用。
13/07/15


図を見ると分かりますが、どれも海に近い場所で見つかってます。
東電は、海への流出は否定的らしいですが、海に漏れてると考える方が自然な気がします。

どっちにしても、ここにきて、放射線のレベルが上昇した背景が何かということが、とても気になります。
地中に漏れ出た汚染水が、これ以上地中に滲みだせない状態になってしまった、とか?

引き続き、注視していく必要ありそうです。

そして、原発事故から2年経ってこういう状況なので、汚染水の拡がり方も気にしておく必要があると思ってます。

10年後の太平洋放射能汚染シミュレーション。

http://youtu.be/Z8pBAIqGMC4
posted by さとつん at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 震災・原発・放射能 | 更新情報をチェックする