2012年04月01日

まだ見てない人は一度見てほしい、放射能の汚染マップ

雨
昨日は春の嵐といった塩梅で、雨風強かったですね。そして、今日からはまた、冬のように寒くなるという、よく分かんない天気になるらしいです。
ぶっちゃけ、花粉が飛ばなくなれば、そこら辺はどっちでもよかったり・・・スイマセン!

さて、気にならないという人にもちょっと見てほしいんですが、放射能の汚染マップです。
この前も載せたけど、それも合わせて見比べてほしいんですね。

地図は、文部科学省のサイトに掲載されていたものを、jpgに加工したものです(平成23年12月16日付けの図を使用)。

<文部科学省(米国エネルギー省との共同を含む)による航空機モニタリング結果>
http://radioactivity.mext.go.jp/old/ja/monitoring_around_FukushimaNPP_MEXT_DOE_airborne_monitoring/

1mの高さでどれくらい放射線が出ているかを表した図。
12/04/01-1

セシウム137の汚染度。
12/04/01-2

上の図と同じです。見やすく色を変えたもの。
12/04/01-3

この図が安全か危険かを表すということではなく、これくらい放射能が降り注いで、なおかつ地表に堆積しているということを、参考までにでも頭に入れておいた方がいいかと思います。

それと、それなりに誤差はあると思います。

追記この前書いた記事の図と比べやすいようにこちらにも転載しておきます。
<政府、汚染の深刻さを未だ理解せず(金融ファクシミリ新聞 TOPインタビュー)>
http://www.fng-net.co.jp/itv/2012/120312.html
以下画像を引用。
12/03/23-1
12/03/23-2
図の出典元は菅谷氏著「これから100年放射能と付き合うために」(亜紀書房)
http://www.akishobo.com/book/detail.html?id=500


【関連記事】
放射能の汚染度が分かりやすい記事
年の瀬に一年を軽めに振り返る
東電、ダメさ加減をまた発揮
福島原発からの放射能の地表・海洋の拡散シミュレーション
福島原発から放出された放射性セシウムは原爆168個分


posted by さとつん at 03:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 震災・原発・放射能 | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

放射能の汚染度が分かりやすい記事

晴れ
(2012.3.31 記事のリンク先変更されたので修正)
ああ、眠いッス。一日が過ぎるのが、とんでもなく早い。とりあえず、今は寝るとします。

その前に、ちょびっと放射能について書いておきます。警戒心ない人が多いと感じる、今日この頃。本当に大丈夫かいな、日本は。
世界のたくさんの国々が、日本の食品の輸入をストップしている現状を知ってますか?

チェルノブイリと福島を比べた、図入りの記事があったので貼っておきます。単位が揃えてあって、汚染度合いを比べやすいと思います。

文は、松本市長の菅谷昭(すげのやあきら)さんのインタビューです。菅谷さんは、過去にベラルーシで、ガンの治療などの医療活動していた方です。自分の目で見てきた方なので、今の、日本の放射能に対する対応に、危機感を持たれています。

satotsun5656 / さとつん(脱原発、発送電分離希望)
「政府、汚染の深刻さを未だ理解せず」 松本市長 菅谷昭 氏 http://t.co/w8dVpjs0 RTもしましたが、図が入ってて分かりやすいのでもう一度ツイート。特に、放射能?大丈夫じゃね?って、無警戒の人に見せてあげたい。 #放射能 at 03/21 18:05

<政府、汚染の深刻さを未だ理解せず(金融ファクシミリ新聞 TOPインタビュー)>
http://www.fng-net.co.jp/itv/2012/120312.html
http://www.fng-net.co.jp/itv/index.html
以下画像を引用。
12/03/23-1

12/03/23-2
図の出典元は菅谷氏著「これから100年放射能と付き合うために」(亜紀書房)
http://www.akishobo.com/book/detail.html?id=500



子どもたちを放射能から守るために [単行本] / 菅谷昭 (著); 亜紀書房 (刊)


【関連記事】
まだ見てない人は一度見てほしい、放射能の汚染マップ
小佐古氏の辞任会見
震災関連のツイートいろいろ
放射能の危険度を海外から知る
地震連発と気になる浜岡原発と選挙
posted by さとつん at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 震災・原発・放射能 | 更新情報をチェックする

2012年03月13日

3.11の地震の激しさがよく分かる動画

晴れ
是非に見てほしい動画です。震災は、1分51秒あたりです。
あの日の恐ろしさが、猛烈によみがえってきます。


http://youtu.be/cwWn_W6ZbT4

これ見たら、やっぱり原発再稼働なんて考えられん。

【関連記事】
プレートに挟まれている日本
昨日の地震
あちこち噴火
月齢のブログパーツと体調と月と
東北で地震
posted by さとつん at 17:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 震災・原発・放射能 | 更新情報をチェックする

2012年03月12日

3.11から1年

晴れ
昨日で、東日本大震災から、1年が経過した。思うのは、まだまだ何も解決してないな、ってこと。
地震・津波に対する対策。仮設で暮らす人達の今後の住居。職を失った人達の仕事。原発関連の補償などなど。行政がやることは山ほどある。もっとスピーディーにやってほしい。



posted by さとつん at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 震災・原発・放射能 | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

原発止まっても電気はなんとかなる

晴れ
なう箱根から、ほぼ疲れてました。ようやく疲れがとれたかな?

久々に原発の話。
問題:今、日本で稼働している原発の数は幾つでしょう?
答え、2基。

54基ある中の2基だけです。
東電管内で新潟にある、刈羽原発6号機と、北海道の泊原発3号機のみ。

<高浜原発3号機が停止=稼働は全国で2基だけに―関電 - WSJ日本版>
http://jp.wsj.com/Japan/node_396082

泊原発は、昨年夏に、結構な数の国民の反対の声を押し切って再稼働した。福島の原発事故からわずか5ヶ月で。改めて考えると、とても恐ろしい判断だな。福島の原発が、どうなってるのかもよく分ってなかったのに。

<泊原発3号機、営業運転に移行――世界のどの国よりも早く原発再開に踏み出した「事故当事国」日本|週刊・上杉隆|ダイヤモンド・オンライン>
http://diamond.jp/articles/-/13612

なんでこんな荒技が可能だったのか。北海道の高橋はるみ知事が、通産省(現経産省)出身だったのが大きいらしいとか。
その前には佐賀県で、再稼働する・しないで揉めてたよね。佐賀県の古川康知事は、自治省(現総務省)出身。お二人とも省庁出身で、霞が関に知り合いも多いのだろう。

それと、よく出る話で、原発を止めると電気が足りなくなるとか、経済活動に影響が出るとかって本当なのか?
実は、東電管内において、昨年の夏は電力足りていたらしい。そして今年もなんとかなるそうだ。

12/02/23

<原発続々停止も…枝野大臣「今夏乗り切れる」|ニュース詳細|報道ステーション>
http://www.tv-asahi.co.jp/dap/bangumi/hst/news/detail.php?news_id=23095

以下引用。
この夏の電力需給について、原発の稼働がゼロでも電力使用制限令なしで乗り切れる可能性が高いとの見通しを示した。去年の夏は、15%の電力削減義務が課された電力使用制限令が発動されたが、そもそも資源エネルギー庁が東京電力の推計に基づいて発表した夏のピークの電力需要予想は、一般家庭で業務用並みの冷蔵庫を1.2台保有していることになっていたり、大型のエアコンを留守中もペットのために使用することになっていたりと、あまりにも杜撰なものだった。さらに今年の夏についても、政府はピーク時で9.2%の電力が不足するとの試算を公表していた。しかし、政府の“電力不足”の試算に対し、最大で6%の余裕があるという別の試算が作成され、去年8月、作成を指示した当時の菅総理に提出されたが・・・(略)

試算が適当すぎたってことですね。だったら、去年の強烈な節電推しはなんだったんでしょうか。ふざけてるね、エネ庁も東電も。
電力会社ってこういう体質なので、簡単に「電気が足りない」って話は信用しないよ。関電も、橋下市長の試算の提出要求を頑なに拒んでるし。それで電気が足りませんって信用できるか。

そして、今の日本は地震が起きやすくなってるってことも忘れてはいけない。そんな中で再稼働するってのは自滅行為。もう一つ事故起きたら、日本に住む場所なくなっちゃうよ。
福島原発も、まだまだ危うい状況が続いてる。生きている間に、収束見られるかどうか難しいかもって思ってる。

子や孫の代に借金を残しちゃいけない、増税だ、と言いながら、原発・放射性物質はたっぷり残すっておかしいよね。
posted by さとつん at 02:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 震災・原発・放射能 | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

復興は遠く

晴れ
今日はいつだ、何日だっつうくらい、ここんとこぐだぐだしてました。薬の量を調節してみたりとちょっと模索したり。それが却って良くなかったのかもしれないな、と更に考えたり。そんなディープな思考してた昨今です。

11日には震災から9ヶ月経ちました。正直まだまだまだまだ、いろんな事が解決してないし現在進行形なんだと、ネットしてると気づきます。
TVでは、最近ではほとんど被災地の情報も流れてない感じで、物資の不足なんかもネットで気づいたり。まだ数年は、継続的に支援していかないと。

東日本大震災の、死者1万5841人、行方不明者3493人。
津波、地震によるものの他に、避難所での生活中に亡くなった方もたくさんいるんだよね。津波に対する防災の見直しなど、同じ過ちは繰り返さないようにしなくては。
合掌。

【関連記事】
地震連発と気になる浜岡原発と選挙
プレートに挟まれている日本
災害関連のリンク
関東地方は計画停電するとか
昨日の地震
posted by さとつん at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 震災・原発・放射能 | 更新情報をチェックする

2011年12月07日

被災地での暖房グッズの不足情報

曇り
夜に寒さに耐えられず、やっと羽毛布団を引っ張りだした。師走はやはり寒い。

被災地では場所によって、暖房グッズ等が不足しているらしいです。仮設住宅もすきま風やらで寒いとか。
ボランティアの方が情報を出してくれてます。岩手の方だと思います。
<いつかは、仙人のブログ>
http://ameblo.jp/shingo1971117/

ブログにも書いてありますが、不足しているものとして以下のような物を挙げられてます。
布団(敷き布団、掛け布団)
毛布、ブランケット類
厚手のフロアーマット
暖かい衣類
雪道を歩く靴

新品でなくても、洗濯・クリーニングされていればOKということです。
無理のない範囲で支援していけたらいいですね。
posted by さとつん at 02:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 震災・原発・放射能 | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

Avaazによる『福島の子供達を救おう』の署名の途中経過

晴れ
11月12日に署名の記事を書きましたが、その途中経過を。

11日に動きがあったようで、Avaazの代理として、アイリーン・美緒子・スミスさんが内閣府に届けてくれたようです。
http://www.avaaz.org/jp/save_the_fukushima_children_1/?fp

以下引用。
2011年11月11日: 今日、皆さんがご協力下さった署名は、内閣府に持参しました。日本政府が腰を上げるまで私たちは署名を届けます。福島の子どもたちを救おう!引き続き、私たちの署名にご協力下さい。そして、ご協力のお願いを一人でも多くの方にお知らせ下さい


11/11/21
佐野美博氏に署名を手渡すアイリーン・美緒子・スミスさん。


その他、細かいやり取りなどは以下参照して下さい。
http://twitter.com/#!/nakamuraryusan/status/134981827843719170
こっちは僕のツイログです。
http://twilog.org/satotsun5656/date-111115

いろいろ言われたようですが、署名はちゃんと届けられているようです。
今日現在、約13万3000の署名が集まっています。目標は15万のようなので、もう少し増えてほしいな。

避難について、福島でもいろいろな考えの人がいるかと思いますが、せめて、お金の面で避難できないでいる人は避難させてほしいと考えてます。
posted by さとつん at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 震災・原発・放射能 | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

福島の子供達を避難させる署名しませんか?

雨
雨降って寒いッス。
昨日、一昨日はグダグダと寝て過ごしました。やる気・元気なし。今日はとりあえず回復。
明日は病院行こうと思ってるけど行けるかな?

そして本日の情報というかお願いみたいなもの。
署名しませんか?

『AVAAZ』というアメリカのNGO団体が行なっているのですが、趣旨は、『福島の子供達を救おう』というもの。
http://www.avaaz.org/jp/save_the_fukushima_children_1/?fp

以下概要です。
今現在、福島市とその付近では、数千人の地元住民が、高レベル汚染地区に閉じ込められています。黒い雨が空から降り、地元の農作物は汚染され、津波によって住む場所をなくした家族やその子供達は避難することもできません。それでも政府は彼らを助けることを拒んでいます。

そこで福島の女性たちが動きだしました。日本中から数百人のサポーターが集まり福島の子供たちが避難するための支援を野田総理大臣に求めるため、東京の経済産業省前に座り込み、訴えています。私たちも彼女達と供に訴えることができます。

名前、メール、郵便番号(入力しなくても大丈夫だそうです。試して下さい)入れるだけです。なので、個人情報はそんなに気にしなくても大丈夫そうです。
僕の場合、名前だけ本名で、あとはフリーメール、郵便番号は上の3桁だけで署名しました。

無策な政府、責任取らない東電、捜査もしない警察、安全しか言わないマスコミetc…。3.11以降おかしいなと思い始めました。ただ働いていれば、それなりに安心して生活できるというのは、権力を握る者達に見せられていた幻想だったと、今は思ってます。

時間の許す限り署名を拡げて下さい。お願いします。小さなことからコツコツと~。-_-b

【関連記事】
Avaazによる『福島の子供達を救おう』の署名の途中経過
posted by さとつん at 00:46| Comment(6) | TrackBack(0) | 震災・原発・放射能 | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

枝野本人の弁明「ただちに影響がないは7回しか言ってない」の動画

曇り
本当に酷い。責任逃れの言い訳でしかない。東電と同じ穴のムジナ。

一応解説。「直ちに影響はない」「あとから影響が出るかもね」ってこと(でしょ?)。


http://youtu.be/ftG5epYmd2U

※追記:当たり前だけど、枝野さん1人が悪いって訳じゃない。3.11当時の関係者全員だ。菅さんや、所管の官僚、保安員、東電の経営陣などなど…責められなきゃならない人はたくさんいる。
posted by さとつん at 17:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 震災・原発・放射能 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。