2010年05月30日

自立支援法改正案だって

曇り
肌寒い1日だった。あんまり寒いから掛け布団1枚追加しちゃった。
こんなんじゃ体調も悪くなるってもんさ。気をつけようっと。

自立支援法のニュースがあったのでコピペしときます。

<自立支援法改正案が可決 衆院委、「応能負担」に」>
衆院厚生労働委員会は28日、障害福祉サービスの利用者負担を量に基づく「応益負担」から、所得に応じた「応能負担」に見直す、委員長提案の障害者自立支援法改正案を、民主、自民両党などの賛成多数で可決した。

 改正案は昨年3月に前政権が国会へ提出した政府案とほぼ同じ内容。当時の政府案は昨年の衆院解散で廃案になったが、今年4月に自民、公明両党が議員立法で提出。与党も改正案を提出したが、双方を取り下げ、委員長提案の法案とすることになった。共産、社民両党は反対した。(2010/05/28 47NEWSより)

反対してる障害者団体もあるそうで、良いんだか悪いんだかよく分からない。民主は自立支援法を廃止するって言ってたよね。面倒になったのか分からんけど自公時代の改正案をほぼそのまま通してしまったみたい。

<自立支援法「延命」法案/民・自・公が強行可決/高橋議員 障害者抜きと批判>
与党は廃止までの「つなぎ」法案だというが、時限立法であることが明記されていないうえ、完全施行日が2012年4月と今から2年後になっていることを示し、「自立支援法延命がねらいではないかとの疑念を持たざるを得ない」と表明。(2010年5月29日(土)「しんぶん赤旗」より)

<障害者の負担軽減へ 自立支援法改正、今国会成立見通し>
共産党と、与党の社民党は、政府内で同法廃止に向けた検討が進んでいるとして反対に回った。

 改正法案では、1割の自己負担を課す原則を、支払い能力に応じて支払う「応能負担」に転換し、発達障害もサービスの対象とする。グループホーム利用への助成制度も盛り込んだ。

 自立支援法を廃止した後の制度設計について、現在は障害者自身が参加する政府の「障がい者制度改革推進会議」が検討。2012年の国会に新法を提出する方針だ。そのため、障害者団体の一部から「当事者抜きで決めないでほしい」と法改正に反対する声も上がっている。社民、共産両党の反対は、こうした声を踏まえたものだ。(2010年5月28日 asahi.comより)

2012年に新法を提出する予定で今作ってる(?)みたい。それまでのつなぎならいいかなぁ。
僕が関係するのは応益負担から応能負担に変わるってことか。所得低い人にはありがたいのか?

それよりもまず事業仕分けで無駄を指摘された団体がちゃんと指摘された通りに廃止などするのか追跡調査してくれよ。政府の強制力無きゃやった意味が無い。
ちゃんと財源の確保して本当に必要なところに配分してくれ。

【関連記事】
自立支援のが切れてるぅー!
自立支援の更新完了!
脱力
自立支援の変更の通知が~
自立支援の証書が届いた


posted by さとつん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・医学・健康 | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

自立支援の更新完了!

晴れ雨
ここんとこ晴れと雨交互な日が続いてる(気がする)。ぼんやりな記憶。

火曜日にやっと自立支援の更新行って来た。
期限が今月末なのでぎりぎりセーフ。もうちょい早くやっとけと。ホントそう思う。

それから障害者手帳の事聞くだけ聞いて冊子を貰ってきた。
申請してもよかったんだけど、今後自立支援との関係で別々に更新しなくてはならなくなるので、面倒ってのと診断書が別々だとお金も掛かるのでその辺をちょっと考えようかなと。

自立支援も障害者手帳も2年毎の更新。一緒に更新した方が楽って事ッス。
来年まで待つか?んーどうしよう。


【関連記事】
自立支援法改正案だって
脱力
自立支援の変更の通知が~
自立支援の証書が届いた
インフル対策ぷらすα
posted by さとつん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・医学・健康 | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

磁気でリハビリ~TMS治療~

晴れ
日曜にリハビリの番組を見た。
TBS『夢の扉~NEXT DOOR~』『脳機能障害の改善策に革命をもたらしたい』(ウェブ魚拓)の回。

安保教授の治療法は逆転の発想で、損傷していない健側の脳に磁気刺激を加え、その後集中リハビリを行うというもの
特徴的なのが引用にあるように健康な方の脳に刺激を与えて回復させるという方法。
教授によると健康な側の脳が手助けしすぎる為に、損傷した側の回復が抑えられてしまっているとのこと。仮説だけど。

TMS治療(経頭蓋磁気刺激治療)と呼ぶそう。
<東京慈恵会医科大学リハビリテーション医学講座>

【関連記事】
転院しました
posted by さとつん at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・医学・健康 | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

光トポグラフィーで鬱診断

晴れ
昨日NHKの7時のニュース内でやっていた「光トポグラフィーでうつ病を発見する」という番組の感想なんぞを。

「光トポグラフィー」ってのは頭にぐるっと巻いて外から脳の血流が測れる装置です。我ながら下手くそな説明だこと。

そんな訳で分かりやすいサイト見つけました。
<医学書院/週刊医学界新聞(第2867号 2010年02月15日)>
http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA02867_02

10/03/11
同サイトよりの引用画像。

ニュースでもほぼ同じような画像が使われたました。
上と下は時間の経過による違いを示したもので、見るべきは下の画像。
頭を前から写した状態です。前頭葉と呼ばれる部分でおでこの辺り。
血流が少ないという違いが出てますね。

ニュースでは東大病院で入院検査治療を行っているとのことだった。
検査費用は色々やって7万円。
<【東大病院】うつ診断で新プログラム開始 薬事日報ウェブサイト>
http://www.yakuji.co.jp/entry18395.html

光トポグラフィーの検査だけなら機器のある病院で、13,300円+αでできるようです。
こことか。
<NCNP 国立精神・神経センター 病院>

これは一度やってみたいなあ。
posted by さとつん at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 医療・医学・健康 | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

病院行と障害者手帳とお薬手帳

晴れ
昨日は病院行って来た。
いつものように仕事の話なんかもしてて、障害者枠での採用はどう?的な事を言われた。
そういうシステムがあるのは知ってたけど、僕に合わないような仕事多いなという感想だったので、そんなに深くは考えてなかった。
そうなると障害者手帳が必要だから必要だったらいつでも言ってね。診断書は書くからってことだった。

手帳ねぇ~。
僕は3級だろうってことらしいんで、年金なんかは貰えないのかね?多分。
医療費なんかは安くなるのか?
それだったら申請しようかな。
年収200万弱の生活は正直きついからなあ。

あと今日は花粉症の薬も貰ってきた。
今週くらいからふと気付くと鼻水垂れてるもんで。
まあ垂れっ放しでもいいんだけど。
この薬は3割で払ってるんだな。結構な額。

それから『お薬手帳』というのを使ってるんだけど、何これ記載というか、シール貼ってもらうと金掛かるの?
たまたま初診の方がいて説明を受けてるのを小耳にはさんだもんで。
確か初めて貰ったのが耳鼻科だったかな?それを使いまわしてたので、メンタルの病院では出すだけだったけど。
料金の説明はどちらでも無かったと思うが。

有料だったら要らないんだけど。
薬の説明書きみたいのも貰ってるし、それをファイルしておけばいいじゃん、と。

庶民をなめんなよ!
10円落ちてても拾うぜ!!
500円落ちてたラッキーと思ったらパチスロのメダルだった経験も何度もあるぜ!!!

なんか検索したら色々な答えがあるので実際のところが分からん。
薬局で聞いてみるのが早そう。
<googleより>


【関連記事】
ツイートのまとめ その3
自立支援の証書が届いた
13日は自立支援法更新とか
自立支援法が見直しらしい
障害者自立支援法のニュース~2008秋~
posted by さとつん at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 医療・医学・健康 | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

リレンザと乳製品のアレルギー

晴れ
今日は洗濯。
やる気が低下しっぱなしという状況は変わらず。
とりあえずまあいいやという投げやりに近い感じで今日も過ごしてるわけですが・・・。

それはいいとして。良くないけど。
新聞でインフルの記事を読んでてちょっとびっくり。
リレンザには乳糖が含まれてるので、乳製品に強いアレルギーが出る人は注意というような内容。

知らなかった。(・・;)
アレルギーの人はちょっと困るね。

というか、そもそも抗ウイルス薬というのは昔は無かったわけで。
僕は使った記憶が無い。

でもなんか難しいね。
新型のウイルスだし、最近は集団ワクチン接種もやってないし。
何が良くて何が悪いんだかがよく分からない状況だ。

タミフル耐性のウイルスが人から人に感染してるんじゃないか?って情報も出てきてるし。
そもそもタミフルや、新型ワクチンの安全性も疑問視されてたりもするし・・・。

もし僕に子どもがいたらどうすっかな。
季節性のインフルのワクチンを打ってもらうかな。
打たないよりはマシって聞くし。

うーん、でも難しいな。


とにかく乳製品アレルギーの人はリレンザ要注意!
posted by さとつん at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 医療・医学・健康 | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

自立支援の変更の通知が~

晴れ
寒いです。
12月になった途端にまた一段階冷えた気がします。
それでも今年は異常気象でもなく、順当に季節が進んでるように思えますが。

なんか色々考えてて、書きたいことは山ほどあるという今日この頃。
まとまったらぼちぼち書いていこうかなと思ってます。
疲れて寝まくってる可能性もアリアリ。

そう言えば、昨日辺りに自立支援法がちょっと変わるというお知らせが届きましたわ。
09/12/01
診断書の提出が2年に1回でよくなった。というか以前の制度に少し戻った感じ?
これって自公政権の時に決まったんだっけ?

まあいいや。これでちょっと金銭的負担が減る。
あとは以前のように医者だけで書類の申請終わるように戻して欲しい。
役所と病院の行き来は面倒だし疲れる。
posted by さとつん at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 医療・医学・健康 | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

パキシルの注意いろいろ

晴れ
(2012.10 追記・加筆)
どうもこんにちは。
最近目の疲れが激しかったのでパソコンひかえてました。
2日程ですが。

あ~でも眼精疲労すげぇ、視力落ちてるっぽいし。
先週くらいから急になんだよな。
なんだろう?エロサイト見すぎたかな。いや、それはいつものことだし。
集中力が違ったか?ってどんだけガン見してるんだよ!瞳孔開きすぎぃ!


それはさておき、パキシルで気になるニュースが2つあった。
一つはツイッターにもちょこっと書いた、「妊婦の方には良くない」という話。
10月21日のasahi.comより。

以下引用。
妊婦が服用した場合、新生児の心臓に穴が開いたり、肺高血圧症になったりする割合が、同じような作用の抗うつ薬より高いという海外の疫学データがある。同日、記者会見した同団体の水口真寿美弁護士は、「依存性や(薬をやめた時に症状が悪化するなどの)離脱症状がある。このため、妊娠に気づいてもすぐにはやめられない。妊娠適齢期の人には原則投与しないか、投与する場合はリスクの説明を十分するよう、もっと注意喚起すべきだ」としている。
確かにパキシルは離脱症状がきついと思う。女性はこの辺考えて薬選ばないといけないですね。効く薬なんだけど難しいな。

こちらが配信元。
<抗うつ剤パキシル錠の妊婦への使用に関する要望書提出 2009-10-21>
http://www.yakugai.gr.jp/topics/topic.php?id=661

<薬害オンブズパースン会議>
http://www.yakugai.gr.jp/

もう一つは18歳以下の子どもにパキシルの治験を行うだか、行ってるだかという話(11月16日付けの新聞で見かけたので、ネットにはまだ記事が無かった)。
「成長期の子どもは精神的にも不安定なものなのですぐに薬というのはどうだろうか」みたいな内容だったと思う。
こちらも薬害オンブズパースン会議に関連記事があるのかな?ちょっと見つからなかったけど。

僕もどうしようかとまたまた考えてしまったな。何回目だか・・・。
良からず悪からずな具合、ってか徐々に悪くなってるかな。
不安感は大分とれてるんだけど、鬱の方がな・・・。

前にジェイゾロフトに移行しようとした時はパキシルの離脱症状(だと思われる)が酷かった。
一気にゼロにしたのがいけなかったのだろうな。
だって医者が大丈夫だって言うしさー。

それでも気が向いたらもう一回挑戦してみたいと思ってる今日この頃です。
ラベル:
posted by さとつん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・医学・健康 | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

新型インフル情報

曇り
寒い1日だった。
そろそろ掛け布団もう1枚必要ッス。


新型インフルが流行ってるそうですが、僕の周りではあんまり実感無い感じ。
普段移動は車だし、公共交通ほぼ使わないし新聞屋だしで、あんまり人と密接に接する機会が無いというのも理由なのかなと。

それから主な感染者は10代までが圧倒的に多いようです。
免疫とかの問題なんだろうか?
学校だから?

それにしては感染した子の親にも流行ってもいいようなもんだけど、それ程でもない模様。
よく分からんです。


インフルについて気になる記事を見たので書いておきます。

『解熱剤は危険らしいという話』
多分新型インフルに限ったことでは無いと思いますが。
「アスピリン」「ボルタレン」「ポンタール」この3つは家にあったとしても使ってはいけないそうです。
ちなみにこれは薬の成分の名称なので、例えばアスピリンが含まれる「バファリン」など、市販薬にも注意です。

うろ覚えだけど、小児科学会だったかな?は「アセトアミノフェン」という解熱剤を推奨してるそうです。
薬を使う時は基本的に医者に相談した方が良さそうです。

・開業医の方のサイトらしいんですが詳しく書いてあります。
<インフルエンザについての医学的情報>

・こっちは幼稚園と保育園関係のブログ。
<新型インフルエンザ情報>


『医者に行った方がいいと思われる症状など』
以下引用です。
また、もともと健康な方でも、次のような症状を認めるときは、すぐに医療機関を受診してください。

小児
・呼吸が速い、息苦しそうにしている
・顔色が悪い(土気色、青白いなど)
・嘔吐や下痢がつづいている
・落着きがない、遊ばない、反応が鈍い
・症状が長引いていて悪化してきた

大人
・呼吸困難または息切れがある
・胸の痛みがつづいている
・嘔吐や下痢がつづいている
・3日以上、発熱が続いている
・症状が長引いていて悪化してきた
厚生労働省サイトより

それと新型インフルは、肺炎、心筋炎なども起こしやすいそうなので、基礎疾患がある人はその辺も注意です。
「肺炎球菌ワクチン」というのを使った方がいいという記事もどこかで見ました。
高齢者や喘息などの持病がある人は一応頭に入れておいた方がいいかと思います。


とりあえず今のところこんな感じだと思います。
それでは皆様インフルにマジ気をつけて、後楽園遊園地で僕と握手!
posted by さとつん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・医学・健康 | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

サプリの番組を観て

曇り
台風一過で晴れるのかと思いきや、曇り。
洗濯は土日のどっちかにやるべ~。


録画しておいた『クローズアップ現代』観ました。
サプリの健康被害の回です。
<どうつきあう サプリメント ~明らかになる“健康被害”~>
http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail_2798.html

番組内では、「αリポ酸」「アミノ酸」を取り上げていた。

αリポ酸を飲んでいて体調が悪くなった女性は低血糖の症状が出て、医者にすい臓に腫瘍などの問題があるのではと診断された。
詳しい検査の結果、血液内のインスリンの量が通常の100倍になっていることが判明。
αリポ酸を飲むのを止めて症状が改善された。

アミノ酸(種類は不明)を飲んだ男性はパーキンソン病の治療をしていた。
サプリを飲んで間もなく手のふるえなどの症状が出た。
番組では、サプリが治療薬の効果を阻害したのでは、という結論に。

これ見て怖いなと思ったのは、2人ともサプリが原因とは思ってもいなかったってこと。
1人目の女性なんかは手術する手前まで事が進んでいたし。
もし医者がサプリを疑わなかったらえらい事になってたかもしれない。怖っ!

サプリを摂っても飛躍的に健康になることはまずない。
ほとんどの場合食事だけで足りる。
そんな感じで番組は締めくくられていた。


まとめ。
「問題点とか」
・ 食品という扱いになっている。
・ 薬との飲み合わせに相性が悪いものもあるらしい(現在進行形で調査されてます)。
・ 体に悪いこともあるという事を知らない人が多い。
・ 過剰摂取の危険性はまだよく分かっていない。
・ 効能が分かっていないものも多い。

「番組内で紹介されていた団体のサイト」
独立行政法人 国立健康・栄養研究所

「その他関係ありそうなサイト」
国立医薬品食品衛生研究所
厚生労働省:健康被害情報・無承認無許可医薬品情報

※10/13追記:加筆&文面訂正しました。

【関連記事】
サプリメントと健康被害
フルーツジュースは薬の効果を阻害?
鬱とビタミン剤
posted by さとつん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・医学・健康 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。