2009年09月04日

8月30日はパニック障害20周年記念日

晴れ
こんな時間にこんにちは~。(´∀`)
9月になってしまいました。

8月は色々あったような・・・。
戦争の番組たくさん観たかな。そんでたくさん考えたし。
選挙もあったな。

それから思い出したけど、病気になって今年で20年目じゃん、と。
ついでに8月30日が初のパニック発作起こした日だ。
僕の中ではすでに記念日扱いになってます。
鬱は10年ちょいかな?

何回も書いてると思うけど、パニック障害はほぼ生活に影響ないレベルになってると思う。
80%くらいかな。シンクロ率じゃない方が。
今は鬱の方がやっかいッス。
とりあえずなんとか今に至ったぜ。

初期の頃は、結構本気で死のうとか思ったこともあったな。
考えてみたらまだ19歳のガキんちょだったわけよ。
我ながらそれなりに頑張ってたなあと思う。

僕の場合、心臓バクバクするのが嫌で死にそうに怖かったのが一番大きな症状。
「心臓神経症」とも言われてると思う。
確か心臓神経症もパニック障害の症状のうちだったはず。

当時はこれに相当悩まされた。
生きてる限り心臓動くの当たり前なんだけど、それが怖いから動きたくなかった。
トイレに行くのも嫌だったなあ。
立ちあがると途端にドキドキするでしょ。これ当たり前の生理現象なのに気になって怖くて仕方なかった。

そんなこと繰り返しつつ徐々に外出もできるようになっていった。
その頃読んでたのが「森田療法」の本だったと記憶している。
本屋で偶然見つけたんだけどね。

『ありのままを受け入れる』、というような内容。
我慢するだっけじゃん~、とツッコんだ覚えがある。
それでも実践してた。
というか、その頃はちまたにその程度しか情報がなかったんだな。
医者には自律神経失調症と診断されたし。まあ、そういう要素もあるけど。

医者でもそんなんだから、とりあえず良さげなことは片っぱしからやってた。
今の正式名称「パニック障害」という病名を知るのは1997年に放送されたニュース番組でのことになる。
ずい分時間かかったの~。

それまでは、「パニック症候群」「不安神経症」なんて呼ばれ方してたみたいだ。


ともあれ20年。牛丼一筋300年に親近感を覚えつつ。
今病気真っ只中の人もなんとかなるかもしれないと少しでも思ってもらえればいいなあ。

それではさようなら~。(^^)/~~~


【関連記事】
パキシル20㎎→30㎎
先週は体調悪かった週&39歳の週
姉ちゃんに会うの巻
18回目の夏だった
posted by さとつん at 15:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 昔の話 | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

9月 長月 September

「長月」と言うのは、「夜長月」からきている説が有力らしい、とWikiには書いてあったよ。( ̄∇ ̄)b


個人的には9月と言えば、一風堂「すみれ September Love」って曲を思い出すな~。
小6のとき、同じクラスのM君がギターでジャカジャカ弾いてた。

当時ギター弾いてる友達なんて居なかったんで、かなりインパクトあった記憶がある。
そういやぁ、『スネークマンショー』(Wiki)を教えてもらったのもM君だったな。

「だ、だ~れ~」「ここは警察じゃないよぉ」とか、腹筋痛かったなぁ。わーい(嬉しい顔)


そんなことを思い出した華の38歳、夏。
posted by さとつん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔の話 | 更新情報をチェックする

2008年06月25日

雨をいつから嫌だと思うように・・・

曇り
08/06/25
ここんとこ雨ばっかりだ。
梅雨だから仕方ないんだけど。

そう言えば、いつ頃から雨を嫌だと思うようになったんだろ?なんてこと考えてた。

子どもの頃はバッシャバッシャ水たまりに突っ込んで行ってたな~。
道路が川のようになってたら、大喜びでそこに入って行ってたし。
側溝の水たまりをジャブジャブ歩いたりもした。
当然長靴の中も池。わーい(嬉しい顔)

小学校高学年になったらそんなこともしなくなったかな。
その辺が一つの境界線なのか。

と言っても、特別雨の日が嫌だと思い始めた訳じゃない(気がする)。

「あ、今日は雨か」程度だったと思う。
学生時代はそんなだったと思うなぁ。

仕事始めて、外で働くようになってからかな?
荷物が濡れないように、ホロ張ったり、ビニールしたり、そう言う面倒臭い作業が「雨嫌だ」に繋がってる気がする。


初めて傘や長靴、レインコートを買ってもらった時、雨が待ち通しかった筈なんだよね。もう忘れてしまったけど。
雨の日に傘を差して楽しそうにしてる子どもを見かけると、「あぁ僕もそうだったのかなぁ」なんて、ふと思う。

布団の中でダラダラしながら、そんなこと考えてた1日。
ラベル:気象
posted by さとつん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔の話 | 更新情報をチェックする

2008年01月16日

平成元年の頃

晴れ
今年は平成20年。
ちょっとした区切り。
なんとなく平成元年の頃を想いかえしてた。


昭和63年が終わり、64年になってすぐ前天皇が亡くなって、年号が「平成」に変わった。
昭和64年だったのは1週間ほどだった。

記憶では、「雪が降ってたこと」「仕事の車の中でラジオから流れてくるニュースを聴いてたこと」を覚えている。
合ってるかは不明。

そのとき、僕は外壁パネル職人見習いとして、一応働いていた。
現場作業っすね。
3Kとか言われてたなあ。「キツイ」、「汚い」、・・・あとなんだっけ?

ピチピチの18歳。
学年で言うと高校3年。途中リタイアしたクチだけど。
まあ、健康で元気だった。
今は止めたタバコも吸ってた(この夏PDになり、なんとなくの息苦しさから止めることになるのですが・・・)。

その仕事も社長とケンカして、その月(?)で辞めるんだけど。

友達の紹介で、2月の終わり頃から宅配便の仕事を始めた。

4月に誕生日。19歳になる。
仕事&遊び全開。

8月30日、初PD発作。

みたいな流れ。


気付いたけど、平成に病気になってるんだなぁ、と。
あんまり気にしたことなかった。


なんとなく想い出したんで書き留めてみました。

【関連記事】
無職なバースデイ
4月に雪!
ダラダラしてました
芸能ネタ
おめでとう。オレ
posted by さとつん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔の話 | 更新情報をチェックする

2007年08月30日

18回目の夏だった

曇り
8月30日は忘れられない日。
病気を発症した日だ。
18年前の1989年8月30日にパニック発作を起こした。
暑い夏の午後のことだった。

それから18年、いつの間にか時が経った。
死にたいと思ったこともあった。
号泣したこともあった。
それでも今も生きているし、あれ以来号泣はしていない。


なんとなく生きてきた。
これからもそうかもしれない。
でも、これで良かったと思ってる。

こういうのって、あとで振り返って気付くんだよなあ。
今みたいに。


『今日までそして明日から』 by 吉田拓郎
私は今日まで生きてみました~♪



まあ、行けるとこまで行きましょか。
posted by さとつん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 昔の話 | 更新情報をチェックする