2013年08月24日

福島原発でタンクから汚染水漏れ

晴れ
8月後半に入ったにもかかわらず、相変わらず暑い日が続いてます。

福島原発では、放射能に汚染された水が漏れまくってます。海にも漏れてます。とにかくとてもヤバいです。
この「汚染水」問題、地下水が海に漏れてる以外に、新たにタンクからの漏れも発覚しました。

詳しく調べたら、別のタンク2基からも漏れが疑われているとのこと。

<タンク汚染水300トンが漏えい 福島、8千万ベクレルの高濃度 - 47NEWS(よんななニュース)2013/08/20>
http://www.47news.jp/CN/201308/CN2013082001001392.html

<タンク2基で新たな漏えいか 福島第1原発、底部で高線量 - 47NEWS(よんななニュース)2013/08/22>
http://www.47news.jp/CN/201308/CN2013082201001629.html

敷地内には、このタンクと同型の物が、約350基あるそうです。耐用年数は5年とか。ただ、今までもすでに4件の漏れがあったので、実際は5年ももたないという意見もあります。

それと、タンク周辺の空間線量(放射線の強さ)が、毎時100ミリシーベルト(100mSv/h)と非常に高いため、作業に支障が出る恐れもあります。

この「シーベルト」という単位、100mSvを超えると、がんになる可能性が出てくると言われてます(最近では、100mSv以下でも発がんの危険性を指摘する意見もアリ)。

そういうことから、作業員の方の浴びていい放射線限度も、100mSvとなっていると思われます(1年で50mSvか、5年で100mSvらしいです)。

ちなみに、一般人が普通に生活していて浴びる放射線量は、1年で約1mSvほど(これももう少し高いという意見もあったりしますが)。

タンク周辺で、1時間に100mSvということは、なるべく素早く作業しなくてはいけないということ。例えば、30分の作業で、年間の50mSvという限度を超えてしまい、法令上は作業ができなくなるということです。

今は3か所ですが、これから先どんどんタンクが劣化して敷地内が高線量だらけになったら、人が近づけなくなる恐れも出てきます。
そうなると漏れの修理なんてことは不可能で、ただ傍観するしかなくなります。

タンクから別の場所への移し替えなど、早く対策取らないと本当にお手上げ状態になっちゃいます。
posted by さとつん at 01:06
"福島原発でタンクから汚染水漏れ"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。