2007年08月15日

62回目の夏

晴れ

62回目の戦争終わった日。
個人的には、まだ62年しか経ってないんだなぁって感じる。
実際に、まだ被爆の後遺症で苦しんでる人もたくさん居るし。
そういう意味では、まだ終わってないと思ってる人もたくさん居ると思う。

それじゃ、なんで戦争になってしまったのか?
思うのは、反対する声を抑えてしまったから。
誰が?
国家権力、マスコミ、それと一般市民。
流されてしまった部分があったんじゃないかな。
想像だけど。


「洗脳」
当時の学校教育では軍国主義の教育を生徒にしてきた。
マスコミは戦意高揚するような記事を書きまくり国民をだまし、情報操作、洗脳をしていった。

それが戦争が終わった途端、今度は民主主義だと言い出した。
生徒や国民が戸惑うのは無理も無いと思う。
昨日までの教えはなんだったの?ってなるよなぁ。
そういう教えに従って戦地におもむいて死んでいった人達も大勢居た訳だから。


「戦後」
戦後アメリカが懸念したのがこういう妄信してるように見えた日本人が、大量に自決するんじゃないかってことだったらしい。
それが実際に戦争が終わってみて自決したのは、軍関係者中心に約1万人(うろ覚えですんません)だったらしい。
ほとんどの国民が生きることを選んだってことになる。
逆に言うと妄信してたように見えて、実は周りの状況が見えていた人も多かったとも言えると思う。

それなのに戦争になってしまうと、一方向に流れ流されて行ってしまう。
この辺が怖いとこだと思う。

だからこそ、今流されてないかとか常に考えることが大切なんじゃないかな。


「現在」
今の世の中見てると似たようなことが案外ある気がして。
ネットでの中傷、それに賛同する人達。
自分の頭でちゃんと考えてるのか疑問に思ってしまう。

流されてないか、洗脳されてないか、皆が常に自分を疑わないと、思いもよらない事態にいつの間にか巻き込まれてしまわないかと心配。


戦争のこと忘れない為にも一年に一度でも深く考えてみるのいいと思います。
posted by さとつん at 00:00
"62回目の夏"へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。